Mcommerce SEO: The Definitive Guide

自分の商品を宣伝・販売するネットビジネスサイト

 
  • 初心者には複雑なGoogleアナリティクスの開設・設定を代行します。

    初心者にはめんどくさいGoogleアナリティクス/Googleタグマネージャーを用いたアクセス解析の設定を代行
    6000


    本業では、Googleアナリティクスのプロとして大小規模サイトのGoogleアナリティクスを1000件以上担当しています。Googleアナリティクスの知見は豊富ですので、その知見を活かして、プロが設定代行します。技術的な計測(クリックイベント計測、動画視聴計測、Eコマース計測、複数サイトを横断した計測)、大規模サイト、各種ご要望も別お見積りにて柔軟にご対応します。その他、疑問点あればダイレクトメッセージにてご連絡ください。サイト側への実装を除く、必要な設定は全て代行致します。依頼者様において面倒な作業は一切ありません。安心して全てお任せ下さい。アナリティクスで何ができるかよく分からないという方も、こんなデータが見たいなどご要望があればご相談ください。

    基本的なサービス内容
    Googleアナリティクス初期設定
    ・サイト構造に合わせたアカウント、プロパティ、ビューの作成
    ・ボットのフィルタリング
    ・自分のアクセス除外
    Googleタグマネージャー初期設定
    アナリティクスタグの配信設定。Googleタグマネージャーのタグ設置については依頼者様にて対応をお願いします。アナリティクスがよく分からず必要か不要か分からないまま、色々な設定を依頼するのが不安という方向けのサービスと考えております。サイトの設計によって、コンバージョンの計測でも別ツールの同時設定が必要か、アナリティクスだけで完了するかなど変化します。

    購入にあたってのお願い
    サイトURLをお知らせください。掲載している料金は1サイトあたりの料金です。2サイトであれば2サイト分の料金を頂戴いたします。設定の自分でしたい方には、別途、レクチャー対応しております。レクチャー費として追加料金を頂戴いたします。料金は、設定内容に応じて変動いたします


    Googleアナリティクスを使ってプロが、あなたのサイトを診断分析します

    18000

    プロとしてGoogleアナリティクスを使ったサイト分析を200件以上、担当してきましたので、
    その知見を活かして、Googleアナリティクスを使いあなたのサイトを分析をします。

    ①サイトの問題点を発掘
    ②キャンペーンの効果測定
    ③サイトの施策を提案

    分析レポートをご納品いたします。以下をご連絡ください。
     
    ーー【ご注文時にご連絡ください。】ーー
    ■対象サイトアドレス
    ■分析でのゴール(例:メルマガ登録、記事を多くの人に読んでもらう、購入、商品詳細ページを見るなど)
    ■対象Googleアナリティクス(ご共有ください)
    ■対象Googleサーチコンソールの共有「フル」権限をご共有ください。
    ■現在実施されているWeb広告やメール、店舗での施策
    ■現在行っているGoogleアナリティクスの活用
    ■分析から導き出したい点
    ①サイトの問題点を発掘
    ②キャンペーンの効果測定
    ③サイトの施策を提案
    ■ご依頼主様が今後、分析結果から実施したいこと
    ご確認のほど、よろしくお願いいたします。



    tag :

    WEBサイト診断・アクセス解析・分析

    WEBサイト・ネットショップ・ブログの売上改善・集客増の提案スキル
    指定ジャンルで稼げるかチェックします。Google Analytics、サーチコンソール分析込み
    20000円

    Webマーケティング歴9年、自身のブログで収入を得ている経験を活かし、Webで集客するための個人的なアドバイスをします。Google アナリティクスやSearch Consoleなどの分析ツールで問題をあぶりだし、具体的に何をどう改善すればいいのかあらゆるWebマーケティングの視点からアドバイスさせていただきます。

    !こんな悩みをお持ちの方におすすめのスキルです。!
    !広告費はかけずに、WEBやブログで発信してお客様に知ってもらいたい!
    !予約が月に5件も入らない!なぜホームページから予約がないのかわからない!
    !ネットを使って宣伝、予約数を増やしたいが、SEO?SNS?何からやればいいかわからない!

    診断ポイント
    ・SEO対策など検索で読みやすく、ヒットしやすい記事になっているかどうか
    ・想定のお客様にお店やオーナーの人柄・魅力が伝わっているかどうか
    ・予約・販売しやすいページ構成(LPO)になっているかどうか
    ・ライティングやフォームの内容・設置場所は適切かどうか
    ・閲覧権限をいただける場合はGoogleアナリティクス、サーチコンソールでの分析など

    自分では気づけなかった様々な問題点を見つけ出すことができるようになります。たとえば
    ・ボタンが小さすぎたためにユーザーが迷っていたなどの問題
    ・PCからだと問題なくボタンが押せたが、スマホだと押せなかったなどの問題
    ・最高の表現だと思っていた文章が、実は表現が間違っていて伝わりにくい問題
    ・専門用語が多すぎてベネフィットを伝えられていなかった問題

    などページ構成などのアドバイスやコンテンツをこんなふうに入替えると申込率が改善すると思われる提案など
    初心者の方でもわかりやすいよう、専門用語を使わずにすぐに実践できる内容のアドバイスをお伝えすることを心がけています。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ご購入頂いたお客様へ
    最初の取引メッセージで以下のことをお知らせください。
    ■診断してほしいURL:
    ■WEBサイトやブログについての悩み・特に知りたいことを詳しくお知らせください:
    ーーーーーーーーーーーーーーーー

    診断方法
    ①WEBサイトやブログのURLを1つお送りください。7日以内に診断結果とご提案書をお送りします。結果送付後、3日間、ご質問にお答えします。

    ファイル形式:PDF


    tag :

    アフィリエイトのやり方

    アフィリエイトで稼ぐことはユーチューバーと同じぐらい難しい?

    確かにアフィリエイトで稼ぎ始めるのはとても難しいものです。そのため、参入してきた大多数の初心者が稼げずに撤退していくといった現状になっており、68%が月の報酬額が6万円に達していないことがわかっています。それくらい、アフィリエイトで稼げる人は少数です。

    ただ稼げている人は本当に稼いでいます。有名なYoutuberの方がどれくらい稼いでいるかはご存じだと思います。アフィリエイト初心者さんによくあるのが「アフィリエイトは難しくてぜんぜん稼げない」という悩みです。

    Youtuberを始めたときと同じように、アフィリエイトは確かに難しいんですが、正しい方法を継続すれば必ず成果が出るようになっています。外部リンクをメインに運営していますが、アフィリエイト開始から6ヵ月である程度の売上を突破しています。

    これだけの結果を出せたのはたくさんの人の支えがあったり、単純に運が良かったのも大きく影響しているのですが、アフィリエイトのやり方が大きく間違っていなかったから、という要因もあると考えています。そこで僕がこれまで実践してきた「アフィリエイトのやり方」について、これから簡単にまとめさせていただこうと思います。

    まず何より大切なのがアフィリエイトの基礎を学ぶことです。アフィリエイトを始める前にきっちり情報収集をしておくことで、今後の方向性が少しずつ明確になっていきますし、進むべき道を間違えにくくもなるでしょう。 そのため、事前の情報収集は大切です。

    アフィリエイトの手法は千差万別で、僕の発信する情報が当てにならないこともあり得るでしょう。そのため僕の言うことだけを鵜呑みにするのではなく、様々な媒体から複合的に情報をインプットして、自分にあった手法を身につけられることをおすすめします。

    最近はアフィリエイトの書籍などが多数出版されるようになってきましたし、ネット上でもブログで手法を教えている人は増えてきているので、こういった知識は探せばたくさん落ちています。次は自分専用のサイトを作るところから始めましょう。

    サイトデザインをより綺麗に仕上げてあげると、読者も付きやすくSEOでも強いサイトに仕上がりやすいんです。そのため、サイトデザインをより美しくして読者が心地よく読めるような状態に仕上げていきましょう。サイトの形がこれまでで出来上がりましたので、ここからは本格的に記事を書いていきましょう。

    といっても日記のような記事を闇雲に書いているだけではサイトはなかなか育ちませんし、アフィリエイトで商品を売っていくことはできません。アフィリエイトのサイトを育てていくには、次の2種類の記事を意識してかき分けていくと良いでしょう。

    「売るための記事」のキーワードはみんなが目をつけますから競合がいることも多く、新しいサイトでは検索順位がなかなか上がりません。だから売るための記事を書くだけでは、なかなかライバルに勝てないというのが現実です。

    実は、商品を売るための記事を書くだけでは、アフィリエイトで稼ぐことは難しいです。逆に「売らない記事」のキーワードは穴場になっていることも多く、上位表示もしやすいのでアクセスを稼ぎやすいんですよね。アクセスが稼げるとサイト全体の評価が高まりますから、売るための記事の順位も上がることが多いです。

    だから売らない記事も積極的に書きましょう。アフィリエイトは最初の月6万に達成するまでの壁がとってつもなく高くそびえ立っています。間違った道を辿っていしまうと、なかなか月6万の壁は超えられません。しかし、「ターゲットを絞ってをたくさん記事を書いていく」という戦略を取れば、超えるのは難しくないと言えるでしょう。

    例えば脱毛のジャンルをやりたいと思ったとして、初心者がいきなり「脱毛」のようなビッグワードを狙っても勝ち目はほぼ0といっても過言ではありません。こういった稼げるビッグワードはアフィリエイトの猛者達が資金を投じて順位を争っていますからね。

    なのでそういったビッグワードは避けて、「すね毛 薄くしたい」のようなターゲットを絞った小さなキーワードを狙って収益化をしていくのがおすすめです。小さなキーワードは競合サイトが少ないので検索エンジンでも上位表示しやすいのが特徴です。

    しかも検索が絞り込まれているので、記事とベストマッチした購買意欲の高いユーザーが来てくれる可能性が高いのですね。キーワードによっては上位表示しても1日20〜30程度のアクセスしかないかもしれませんが、商品は非常に売れやすい傾向にあります。


    tag :

    収益拡大の方法 運用型広告で集客強化

    運用型広告を利用することで、有料で、掲載したいキーワードの広告枠に記事を掲載することができます。SEOで上位表示されなくても、集客を行うことができる点がメリットです。アフィリエイトで活用されている運用型広告には、リスティング広告・ディスプレイ広告の2種類の広告形態があります。

    リスティング広告
    検索連動型広告とも呼ばれており、GoogleやYahoo!などの検索結果画面に、検索結果と似た体裁で自分のサイトへの導線を表示する広告です。

    ディスプレイ広告
    GoogleやYahoo!などのプラットフォームが提携している、メディアの広告枠に、バナーやテキストの形式で自社サイトへの導線を、表示できる広告のことです。GoogleとYahoo!で提携されているメディアに違いがある点が特徴です。

    運用型広告を利用するメリット

    運用型広告の最大のメリットは、SEOで上位表示されなくてもサイトに集客できることです。アフィリエイトは、サイト訪問者の商品購入やサービスの申込みによって、成果が発生する仕組み。そのためできる限り購入に近いユーザーや、サービスの申込みを検討しているユーザーをサイトに連れてくる必要があります。

    しかし、それはなかなか容易ではありません。Googleの検索結果で、数ある競合サイトに勝ち、上位表示を実現するには時間と労力がかかります。特に、新規で立ち上げたサイトは不利な状況です。それをカバーするのが運用型広告です。費用はかかるものの、検索結果で上位に表示されなくても、運用を行うことによって、見込み顧客をサイトに集客することができます。

    運用型広告の主な手法は3つです。

    ・リスティング広告
    ・ディスプレイ広告
    ・動画広告

    動画広告は、主に企業がブランディング目的で、テレビCMの代わりに利用するもので、アフィリエイトの成果に直結しないので今回は割愛します。

    リスティング広告は検索連動型広告と呼ばれ、GoogleやYahoo!などの検索結果画面に、検索結果と似た体裁で自分のサイトへの導線を表示する広告です。

    Googleが提供するGoogle広告や、Yahoo!が提供するYahoo!広告が、国内の2大リスティング広告プラットフォームになっています。Yahoo!広告はアフィリエイトサイトの広告を禁止しているため、この記事をご覧になっている方は、Google広告を利用することになります。

    リスティング広告は検索結果画面に表示されます。ポイントは、自然検索の検索結果の上に出てくるということです。ユーザーは「何かを探している」「疑問を持っている」ときに検索します。明確な意図があるわけです。そんなユーザーに対して、一番に自分のサイトをアピールできるのがリスティング広告の魅力です。

    特にスマホの検索結果画面では、広告1つで画面の半分を占有することもあります。これだけの占有率だと、クリックされやすく広告を出せば、集客数の増加が見込めます。

    リスティング広告は、ユーザーが広告をクリックした場合に課金されます。検索結果画面に表示されただけでは課金されません。何円で課金されるかは「入札単価」として広告出稿時に設定した金額を元に、オークションで決定します。

    実際にスタートする際は感覚を掴むためにも少額でスモールスタートすることをおすすめします。リスティング広告への出稿方法は、Google広告に絞り、以下のプロセスで細かく説明します。

    1.アカウントを開設

    Google広告(外部リンク)にアクセスして、すでに所有のGoogleアカウントがあれば、メールアドレスとパスワードを入力するだけで、アカウントを開設することができます。

    2.アカウント構成を作る

    Google広告は、「アカウント」「キャンペーン」「広告グループ」の3層で構成されています。さらに広告グループには「広告」「キーワード」が紐づけられていて、これらを設定することで広告を配信することができるようになります。それぞれの定義は以下を確認し、構成の作成を行います。

    ・アカウント:ログインメールアドレス、パスワード、お支払いに関する情報
    ・キャンペーン:広告予算や広告の掲載先に関する情報。キャンペーンのタイプを「検索」に設定します。
    ・広告グループ:同じテーマを持つ広告やキーワードをまとめたもの
    ・広告:ユーザーに表示される広告クリエイティブやURLの情報
    ・キーワード:広告を表示するキーワードの条件

    3.予算を設定する

    広告の設定が終わったら、予算と入札単価を設定します。

    4.広告審査を受ける

    各種設定が終わったら広告運用開始のステップですが、Google広告は配信の前に審査があります。Googleが定めるガイドラインに反していないかや、広告の設定に不備がないかをGoogleが確認します。不備があった場合などは審査に落ちることがありますが、問題がなければ配信をスタートすることができます。

    5.配信

    1~4の工程が完了すれば配信が開始します。大まかなリスティング広告出稿の流れは以上です。

    ディスプレイ広告とは?

    ディスプレイ広告とは、GoogleやYahoo!などのプラットフォームが提携している、メディアの広告枠に、バナーやテキストの形式で自社サイトへの導線を、表示できる広告のことです。ディスプレイ広告は、GoogleやYahoo!などの広告事業者が提携している、メディアの広告枠に表示されます。

    ディスプレイ広告のポイントは、検索結果画面以外に、幅広いメディアに、広告を出稿できることです。また、出稿時にどのようなトピックに関心を持ったユーザーに配信できるか設定することができるので、リスティング広告のようにユーザーが検索するのを待たなくても、特定のユーザーにサイトへの、導線を表示することができるのも魅力です。

    国内のディスプレイ広告は、Googleの「GDN(Google Display Network)」と、Yahoo!の「YDN(Yahoo! Display Network)」の2つのプラットフォームが、シェアを占めています。それぞれGoogle広告、Yahoo!広告から広告を配信できます。それぞれの特長としては、「GDN」は配信先が広く、さまざまなメディアやブログに、配信することができる一方で、「YDN」は国内最大級のYahoo!のサービス内に設置してある配信面に配信することができます。

    ディスプレイ広告への出稿は、Google広告に絞り、以下のプロセスで細かく説明します。

    1.アカウントを開設
    2.アカウント構成を作る
    3.予算を設定する
    4.広告審査を受ける
    5.配信

    1.アカウントを開設

    Google広告(外部リンク)にアクセスして、すでに所有のGoogleアカウントがあれば、メールアドレスとパスワードを入力するだけでアカウントを開設することができます。

    2.アカウント構成を作る

    Google広告は、「アカウント」「キャンペーン」「広告グループ」の3層で構成されています。さらに広告グループには「広告」や「オーディエンス」などが紐づけられていて、これらを設定することで広告を配信することができるようになります。

    それぞれの定義は以下を確認し、構成の作成を行います。

    ・アカウント:ログインメールアドレス、パスワード、お支払いに関する情報
    ・キャンペーン:広告予算や広告の掲載先に関する情報。キャンペーンタイプを「ディスプレイ」に設定します。
    ・広告グループ:同じテーマを持つ広告をまとめたもの。オーディエンスの設定を行います。
    ・広告:ユーザーに表示される広告クリエイティブなどの情報

    3.予算を設定する

    広告の設定が終わったら、予算と入札単価を設定します。

    4.広告審査を受ける

    各種設定が終わったら広告運用開始のステップですが、Google広告は配信の前に審査があります。Googleが定めるガイドラインに反していないかや、広告の設定に不備がないかをGoogleが確認します。不備があった場合などは審査に落ちることがあります。

    5.配信

    1~4の工程が完了すれば配信をスタートすることができます。大まかなディスプレイ広告出稿の流れは以上です。リスティング広告やディスプレイ広告のような運用型広告は、使い方次第でアフィリエイト収入を増やす強力なツールになりますが、アフィリエイトで利用する際には、必ずルールを守って運用しましょう。

    特に、リスティング広告では、広告主によって、アフィリエイターによる運用に対し、さまざまなルールを設けている場合があります。全面的に禁止している場合や、一部のキーワードを禁止していたり、一部のキーワードのみを許可している場合があります。

    リスティング広告をこれから運用しようと思われる方は、まずは始める前に、管理画面で広告主の案件概要を確認してみてください。SEO以外の集客方法として、運用型広告について解説しました。これらの広告は、SEOの効果を待つことなくサイトへの集客を可能とする手段として使用できます。

    広告費と報酬のバランスを見て、しっかりとルールを守って運用してください。


    tag :

    ユーチューバーもアフィリエイトと同じ

    アフィリエイトを始めてみたい!と考えているビジネス初心者の方はアフィリエイトにも色々な種類があって、どのアフィリエイトから始めればいいのか分からない…と悩んでしまっている方も多いと思います。年々、アフィリエイト市場は拡大し続けており、昔に比べれば色々な種類のアフィリエイトが登場してきています。

    今回はアフィリエイトの中でも代表的な「サイトアフィリエイト」と、最近ユーチューバーが人気になるにつれて話題になってきている「YouTubeアフィリエイト(YouTubeアドセンス)」について、それぞれの違いやメリット・デメリットをインターネットビジネス初心者の方にもわかりやすくお伝えしていきます。

    サイトアフィリエイトとYouTubeアフィリエイト(YouTubeアドセンス)の違いはどこにある?

    「アフィリエイト」と聞くと、多くの方が想像するのは自分のブログやウェブサイトにアフィリエイト広告を貼って収益を得るビジネスモデルです。例えば、貴方が趣味で筋トレに関するブログを運営していたとして、ブログ記事の中で「プロテインの選び方」に関する記事に多くのアクセスが集まっていたとします。

    「プロテインの選び方」に関する記事を見ているユーザーは「適切なプロテインを使って筋肉をさらに増やしたい」、「筋トレにはプロテインが必要なのか知りたい」といったニーズを持っていると考えられます。この場合、品質が良いお勧めのプロテインのアフィリエイト広告と提携して、自分のブログにそのプロテインの広告を貼ることで、商品が売れる可能性が出てきます。これが多くの方が想像するアフィリエイトだと思います。

    つまり、通常のサイトアフィリエイトの場合は「どういったサイトやブログを作っていくのか」を考えるだけでなく、「適切な広告を選択し、かつ、どうすればその広告経由でアフィリエイトしている商品を購入してもらえるか」まで考える必要があるのです。集客だけでなく、商品選定やセールスまで必要になるということです。

    一方、YouTubeアフィリエイト(YouTubeアドセンス)はもっとシンプルなビジネスです。YouTubeアフィリエイトの場合、Googleが提供している「Googleアドセンス」という広告掲載システムを活用することで広告報酬を得る形になります。

    先ほどと同じ例えで考えてみると、貴方がYouTube上で筋トレに関する情報やレビューを投稿しているYouTubeチャンネルを運営していたとします。YouTubeの場合は動画が再生されたときに表示される広告が視聴されることによって、チャンネル運営者に広告報酬が入る仕組みです。

    ただ、先ほどのサイトアフィリエイトと違うのは、YouTubeの場合は「どの商品・サービスを売るかを一切考えなくて良い」という点です「Googleアドセンス」という仕組みを使うと、貴方が運営しているチャンネルの動画を見たユーザーに適した広告が自動で配信されるようになります。

    貴方が投稿した同じ動画を見たAさんとBさんでは、表示される広告が異なっている仕組みです。例えば、Aさんにはスポーツジムの広告が表示され、Bさんにはプロテインの広告が表示されるといった形です。この辺の裏側の仕組みについて解説を行うと長くなってしまうので割愛しますが、YouTubeの場合、視聴者の興味関心によって表示される広告が異なるとだけ覚えておけば良いでしょう。

    つまり、YouTube経由でアフィリエイト報酬を受け取ろうと考えた場合には「自分のブログやウェブサイトにどの広告が適しているか」といった事を考える必要が一切なく、単純に「より多くの人を集める(=より多くの視聴回数を集める)」ことだけに集中すれば良いのです。

    そういった観点から言えば、やるべき事、集中すべき事が少なく、シンプルなビジネスモデルになっているYouTubeアフィリエイト(YouTubeアドセンス)のほうがインターネットビジネス初心者の方にとってはお勧めのビジネスだと言えます。
    完全放置でも稼げるようになる可能性がある
    なお、自分の動画に自分の販売する商品をつなげたいときがあると思います。その時はCtoCオンラインをご利用ください。自分の商品を無料で掲載することが可能です。自分の動画や販売写真にリンクをつなげておけばそこで自分の商品を販売することが可能です。

    tag :

     X 閉じる
    MORK