Mcommerce SEO: The Definitive Guide

自分の商品を宣伝・販売するネットビジネスサイト

 

CtoCオンライン

  • CtoCオンライン
  • トップページで地名キーワードをSEO対策する

    地名キーワードでSEO対策すると、ライバルサイト数が激減します!商圏が県内や市内に限られている場合は、「長崎県」や「長崎市」などの地名キーワードを利用することでトップページの上位表示の確率を大幅にアップできます。地名キーワードを設定すれば、ライバルサイト数が激減して競争率が低下するからです。

    各キーワードで検索したときにヒットしたページ数
        「リフォーム」  1億3900万件
        「長崎 リフォーム」  2090万件
        「長崎市 リフォーム」  86万件

    以上の検索ヒット数をご覧いただいても、地名キーワードの効力がおわかりいただけると思います。ビッグキーワード「リフォーム」単体だと、ライバルサイトが1億件以上も存在します。検索結果の1ページ目に表示されるには、10位以内を獲得しなければなりません。

    1億件を超えるライバルサイトに打ち勝って、10位以内を獲得するのは至難のわざです。ですが、地名キーワードを含めてSEO対策すれば、ライバルサイトが数十分の一~数百分の一まで減少します。大まかに言ってしまえば、上位表示される確率が数十倍から数百倍にまで急増するのです。

    実際、弊社のお客様の中でも「●●県 リフォーム」などの複合キーワードでトップページの上位表示に成功しているお客様は多数いらっしゃいます。自社の商圏が限られている場合は、必ずトップページのtitleタグやdescriptionタグに地名キーワードを設定するようにしましょう。


    PS
    ビッグキーワードビッグワード)とは、検索エンジンで検索される回数が多いキーワードのことです。 SEOで上位表示できれば多くの流入が期待できます。 ただし、CVが獲得できるとは限りません


    ネットショップに高品質のWebトラフィックをおこすSEO

    ホームページのアクセス数を増やして集客につなげる

    ネットショップ・ECサイトのアクセス数を上げるお手伝いをします。



    Traffic 5000円 1か月間ホームページのアクセス数を増やすスキルサービス

    tag :

    越境ECに今参入すべき

    国内市場の変化

    多くのメディアで語られている通り、これから日本は超少子高齢化社会 になっていくと試算されています。
    それに伴い、人口も下記図のように縮小すると見込まれています。ここで注目したいのは、少子高齢化で総人口が減っていく中で、購買意欲の高い若年層の比率が縮小していっていることです。つまり、少子高齢化は購買層の変化を引き起こすことが予想されます。世界的に見ても、日本のGDPシェアは、直近のデータをみても確実に縮小傾向になってきます。また、今までは販売者主導の市場だったことに対し、インターネットやSNSなどの情報網の多様化により、消費者主導の市場に変化していることがうかがえます。

    海外の市場規模

    特にEC化の進みが顕著な6市場(米、英、独、仏、南欧、北欧諸国)では、ECビジネスをやるうえで見逃せない市場と言うことができるでしょう。

    流通とシステムの拡充

    前述した海外の市場規模が伸びる背景には、インターネットの普及をはじめ、国際物流システム、多言語対応、他通貨含む決済機能の充実などがあり、アジア圏の経済成長率やGDP成長率、インフラ整備も進みつつあり、アジア圏についても今後の越境ECの拡大の可能性の高さがうかがえます。2015年と2019年を比較した場合に、日本は約1.50倍、アメリカは約1.57倍、中国は約2.94倍の市場規模になります。これらのことから、越境ECの取引額は、世界的に右肩上がりに伸びており、2021年には、世界のインターネット通販全体の取引額における越境ECの取引額のシェアがかなり大きくなると予測されています。ただし、この市場に参入しようとする競合も増えてくると予想されるので、早めに越境ECに参入することをおすすめします。


    tag :

    m-commerceとは

    Mコマースとは、Eコマース(電子商取引)の一形態で、特に携帯電話を利用した電子商取引のことである。

    今やネットでのお買い物はあたり前の時代。いつでもどこでも商品を見て購入できる便利なネットショッピングは、着実に私たちの生活に根差しつつあります。ネットショッピングのことを「Eコマース」と呼ぶのを聞いたことがありませんか?ほかにも「ネット通販」や「EC」「電子商取引」など…。これらのネット上の購買活動を取り巻くワード、数が多くてどれがどれなのか少しわかりにくいですよね。Eコマースは、英語のElectric Commerceの略称です。さらに簡略的にECとも呼ばれます。また、Electric Commerceを日本語に訳すと電子商取引となります。

    電子商取引とは電子的に行われる取引のこと全般を指す言葉です。これにはネットショッピングだけでなく、EDIのような専用回線を通した取引や、ネットオークション、イートレードなども含まれています。同じ意味の「Eコマース」も包括的な単語かと思いますが、少々ニュアンスに違いがあります。一般的にEコマースというと、ネットショッピングそのものを意味しています。そしてネットショッピングができるサイトのことをECサイトと呼びます。

    市場規模は拡大中

    日本国内でのEコマースの市場規模は年々拡大傾向にあります。常に前年比プラス5%以上の成長を続けています。チケット販売や宿泊施設・美容院などのオンライン予約を含む「サービス系」電子書籍・ゲームソフトといったコンテンツ配信、音楽・動画のサブスクリプションなどの「デジタル系」いずれも成長傾向であることがわかりました。どの業態でも、サービスの進化がオンラインで出来る購入体験の幅を広げ、その進化が成長を支えています。たとえば、物販系に含まれるアパレルの通販サイト。採寸アプリ・コーディネートアプリの普及や実店舗を巻き込んだオムニチャネル化の促進は、消費者にとってネットショップをより買い物しやすい環境へと変えました。サービス系ECの伸び率も見過ごせません。飲食店やホテルをオンライン上で予約することは、今や多くの人にとってあたり前。加えて、新たに登場したアプリやネットで利用できるサービスも存在感を増してきました。フードデリバリーを手軽に注文できるUberEATSなどがその一例です。

    Mコマースとは?Eコマースとの違いって?

    MコマースはMobile Commerceの略。Eコマースの中でも、スマホやタブレットなどの携帯端末を利用した取引をこう呼びます。Mコマースの最大のメリットは、買い物できる時間・場所の自由度が高いこと。ネット回線がなくとも携帯電話回線やWi-Fiでサイトに接続が可能で、Eコマースよりさらに手軽にネットショッピングやオンラインサービスを利用できます。Mコマースの中でも、やはり勢いがあるのはスマホ経由でのEC利用市場規模。今後もさらに成長する見込みです。ECサイトを作るのであれば、PC画面だけではなくスマホ画面からの使いやすさも考慮することが必須となります。



    tag :

    ECサイトで成功する成長戦略!

    ご紹介する戦略も、ここ数年で定番化したものばかり。「みんながやっていることと同じことをして効果があるの?」と思われるかもしれませんが、実績のあるアイディアは試す価値があります。まずは正攻法をおさえていきましょう。

    ★売上最大化を狙った複数モール展開

    売上を最大化するために、顧客との接点=チャネルを増やす施策のひとつとしてWEB上の販売窓口を複数設ける戦略です。ECサイトのスタイルにはモールへの出店と自社ECのオープン、2種類が存在します。それぞれにメリット・デメリットがあり、かつモールごとに少しずつターゲット層が異なります。国内でいえばモールのトップは楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピング。これら3者は認知度も高く、欲しいものがあるときに検索エンジンではなく直接モールEC内で探す、というユーザーも少なくありません。そのため、モールに出店して知名度を高めて新規顧客を獲得、自社ECではブランディングを徹底してショップのファンを作る、といった戦略を立てられます。ただし、複数のモールへの出店にはコストがかかります。業務面でも労力がかかりますので、金銭的・人的にリソースが十分に確保できているかを事前に確認しましょう。

    ★ネットとリアルを融合させたオムニチャネル戦略

    チャネルを複数に増やして売上の最大化をはかる施策としては、ここ数年はオムニチャネル戦略が定番化しています。オムニチャネルは、顧客に対し複数のチャネル(実店舗、ネットショップ、SNSアカウントなど)でシームレスな買い物体験を提供することです。たとえばオンライン注文した商品を送料無しで実店舗にて受取可能にする、店頭に在庫のない商品をオンラインで購入できるようにする、などが具体的な施策となります。このようにして顧客の満足度を高め、ロイヤリティの高いリピーターを増やすことがオムニチャネルの目的です。オムニチャネル化の推進は現場判断でできるものではありません。在庫管理や物流面など根幹部を整える必要がありますので、実践する際は全社一斉に取り組むことが求められます。なお、オムニチャネルではECサイトの購入比率があがり、実店舗が打撃を受けやすいというデメリットも存在します。成功すれば実店舗とECを含め、ブランド全体を顧客に印象づけファンを作りやすくなりますので、リアルとネットの相互送客に力を入れるとよいでしょう。

    ★海外に向けた越境ECの展開

    ここ数年、日本のみならず世界中で活況をみせている越境EC。展開するメリットとしては、リアルで国外出店するよりも低リスク・低コストで海外の顧客に製品やサービスをアピールできる点。また、実店舗があればインバウンド客の店舗送客にも役立ちます。現在、日本の越境ECの主な取引相手国は中国とアメリカ。取引額は年々増加傾向にあります。越境ECをはじめるなら、ターゲットとしたい国の顧客に強いモールへ出店するのがおすすめです。たとえば中国ならば、「天猫(T-mall)」と「京東(ジンドン)」の2大モールがよいでしょう。出店コストはかかりますが、集客力が期待できます。

    また、より低リスクでスモールスタートを切りたいのであれば、「転送コム」を利用すれば最小限の越境ECをはじめられます。

    ★アプリを展開した顧客の囲い込み

    スマホの普及率が高まったことにより、効果的なマーケティング手法として登場したのが公式アプリの開設です。
    来店クーポンをアプリ上で配布する、メルマガよりも目に留まりやすいプッシュ通知でお知らせを配信するなどが可能になります。アプリの開発には相応の資金やノウハウが必要。こちらも複数モール展開、オムニチャネルなどと同じくハイコストかつハイリターンな施策の部類に入るでしょう。

    ★SEOを意識したコンテンツマーケティング

    検索結果画面でより上位に自サイトを表示させるための対策をSEO(Search Engine Optimization=検索エンジン最適化)施策と呼びます。SEOを成功させるためには、サイト内で顧客にとって満足度の高い充実した内容のコンテンツを用意する必要があります。これがコンテンツマーケティングです。他に紹介する施策に比べシステムの開発など大きなコストはかかりませんが、そのぶん効果が出るまでに労力と時間を要します。

    ★マーケティングオートメーション施策の実施

    マーケティングオートメーションとは、WEBマーケティングのプロセスのうち一部を自動化することです。たとえばメルマガやアプリのプッシュ通知を、顧客のサイト上の行動履歴にあわせて内容を変えて出しわけます。マーケティングオートメ―ションを導入すると、業務が効率化するうえで、より顧客一人ひとりにあわせた効果的な施策が打てます。ただし、導入したからといってすぐに目に見えて売上がアップするような施策ではありません。

    ★SNSを活用したソーシャル施策

    LINE、Instagram、Twitter、FacebookといったSNSを活用する施策です。直接利益につながるわけではありませんが、これらのメディアも重要な顧客とのコミュニケーション機会につながります。ソーシャルメディアは拡散性が高いため知名度向上の施策を打ちやすく、かつ、カスタマーレビューのように顧客自身に商品やサービスに関する情報を発信してもらえる可能性もあります。



    tag :

    ECとは?

    買い物をする際にネットショップを利用する人の割合は年々増加傾向にあります。新規参入のネットショップも続々とオープンしている状況です。ECサイトの中でも、企業やショップが独自にドメインを取得してオープンするサイトのことを自社ECと呼びます。対して、複数のショップが出品・出店している大型サイトがモール型ECです。数年前まで、自社ECといえばシステムをゼロから立ち上げなくてはならないものでした。システムをゼロから立ち上げるには多額のコストと高い技術力を要するため大手企業でなければ難しい選択肢だったのですが、今では構築手法が多用化し、中小規模のショップでも手軽に比較的低予算で自社ECを持つことができるようになっています。


    tag :

     X 閉じる
    MORK