Mcommerce SEO: The Definitive Guide

自分の商品を宣伝・販売するネットビジネスサイト

 

ネットショップ開業

  • ネットショップ開業
  • ネットショップ開業直後に注力すべきポイント

    急激に売上が伸びたときは、それまでに確立した運用体制の真価が問われます。受注が増えるほど担当者の手が回らなくなるような業務があれば、仕組みそのものを見直し、外注に切り替えるなどの方法で作業効率を改善する必要があるでしょう。

    ネットショップが成長するに従って、顧客データやアクセス解析用データが増えて管理や分析が複雑になることがあります。大手企業であれば、ネット通販に効果的なITサービスを導入して、デジタルを駆使した顧客管理やアクセス解析を行うことで業務を最適化できます。

    個人や小規模事業者の場合は、やることを絞りましょう。主に、新規顧客・リピート顧客の数を把握して、それぞれに適したマーケティングを行うことや、顧客が流入・離脱した主要なページを把握して、コンテンツ内容の改善を心がけるのがおすすめです。

    若年層の顧客がメインターゲットの場合は、SNSやYouTube等を活用したインフルエンサーマーケティング施策を試す価値もあるでしょう。ネットショップ開業直後に注力すべきポイントは、オペレーションの確立です。最初の1、2ヶ月で、物流・受発注・顧客管理などの運用体制をしっかり整えましょう。

    集客面では、開業後は早めに販促に取り組んで実績を作り、3ヶ月目あたりからきちんとしたアクセス解析が始められるようにすることも大切です。

    開業して半年が経過した頃に注力すべき仕事は、上半期の課題診断を行うことです。それをもとに、下半期の業務を改善しながら実行し、1年後にはまた下半期と一年間の振り返りを行い、資金調達の計画なども見直しましょう。

    半年間という期間は、小人数ネットショップ運営者からのヒアリング結果などから導いた一つの目安です。規模の大きい企業でしたら、3ヶ月単位などもっと短いスパンで試行錯誤を繰り返してネットショップの運営改善に取り組むことも可能でしょう。

    ネットショップ・ECサイトの運営状況に応じて、開業準備の遅れや、開業後の売上の伸び悩み、事業が急成長したときに業務が追いつかなくなることなどがあります。よくある課題に対処する方法についてもチェックしておきましょう。

    新しいネットショップが検索にヒットして認知されるようになるまで、少なくとも3ヶ月はかかると思っておいたほうがよいでしょう。もしも3ヶ月目あたりでまだアクセス数が増えないようであれば、SEM対策やコンテンツの内容を見直したり、SNSなど(InstagramやTwitter、LINE@など)の集客につながる窓口を増やしたり、Web広告を出すなどの集客方法を検討してみたほうが良いでしょう。

    一方、アクセス数は伸びているのに売上が上がらない場合は、サイト内にコンバージョンを妨げる要因を見つけるために、再度ユーザーテストを行うのがおすすめです。その際は、ユーザーの斜め後ろに座り、閲覧行動が終わるまで何も口を挟まずにじっくり観察すると、たくさんの改善ヒントが発見できると思います。


    tag :

    ECサイト運営マニュアル

    ネットショップ運営に必要な業務

    個人や小規模事業者の方へ。自社ECサイト開業後の更新頻度や売上をアップさせる効率的な運営の流れや注意点について解説させて頂きます。ネットショップのトップが「ホーム」と呼ばれているように、ECサイトを運営する仕事は自分の家に客人を招き、もてなすこととよく似ています。

    いざ開店してみると、小規模なネットショップ運営者は日々のルーチン業務などに追われがちで、大切にすべき「おもてなしの気持ち=お客様の目線で考えること」がおろそかになり、「すごく忙しいのに売上が上がらない」という悪循環に陥ってしまうことがしばしばあります。

    そうならないためにも、ECサイト運営に必要な業務を一旦整理して、効率良くすすめる方法について考えてみましょう。ネットショップの運営に必要な業務を具体的に書き出すと、主に次のような項目があります。

    ネットショップ運営に必要な業務一般
    1. 商品マスター管理、撮影、文章作成
    2. サイトデザイン、機能カスタマイズ
    3. 受注管理、入金確認・顧客対応
    4. 在庫管理、検品、発送
    5. 売上管理、発注管理
    6. 顧客管理
    7. アクセス解析
    8. 集客、販促プロモーション
    9. ブログ更新、SNS
    10. 経理、帳簿作成

    このなかには、
    「A:パターン化すれば委託できる仕事と、「B:サイトの未来を決定する仕事があります。

    たとえば、(4)の在庫管理、検品、発送の大半はAタイプの仕事ですが、「出荷時に添えるサンクスカードにどんなメッセージを書けばリピート購入につながるのか?」と考えることはBタイプの仕事となります。どちらも大事な仕事ですが、Aタイプの仕事は分業化や外部委託により効率化を図って、その代わりにBの仕事に時間をさけるように工夫したほうが良いでしょう。


    tag :

    効果的なページタイトルの条件

    【効果的なページタイトルの条件】
    ページの内容をきちんと反映している(ページタイトルを読んだだけで、ある程度内容が推測できる)
    ターゲットにしているSEOキーワードを含める
    検索結果に並んだときに自分がクリックしたいと思うような文になっている文字数が全体で30字程度に収まっている

    コンテンツをエバーグリーン化するコツとしてビッグキーワードやミドルキーワードだけでなくスモールキーワードも保険として混ぜておくというテクニックがあります。
    ビッグキーワード・・・検索回数が多いメジャーなキーワードのこと。1単語だけのキーワードがビッグキーワードとされることが多い。「イタリアン」「リフォーム」など。
    ミドルキーワード・・・2語の複合キーワードなどのこと。例:「富山市 イタリアン」「横浜 ペットショップ」「お風呂 リフォーム」 
    スモールキーワード・・・3語以上のニッチな複合キーワード。
    例:「富山市 イタリアン 個室」「横浜 ペットショップ トイプードル」「お風呂 バリアフリー リフォーム」
     
    以下のように、ビッグキーワードからスモールキーワードまでを包含するようなページタイトルを設定すると、コンテンツのエバーグリーン化の確率が大幅に上昇します。
     
    【ビッグキーワード~スモールキーワードを網羅したページタイトル例】
    「富山市のパスタ・イタリアンなら●●(店名)へ│個室完備」
     
    このtitleであれば、「富山市」「イタリアン」などのビッグキーワードや、「富山市 イタリアン」というミドルキーワードで上位表示が難しくても、「富山市 イタリアン 個室」というスモールキーワードでランキング上位が獲れる余地が残ります。

    よって、「富山市 イタリアン」で上位表示したときよりはアクセス数は少なくなるでしょうが、細く長く訪問者を集められます。ページタイトルを付けるときは保険としてスモールキーワードも含むような言葉の組み合わせを選び、エバーグリーン化を目指しましょう。

    これまでご説明してきたように、エバーグリーンコンテンツは企業ホームページへ半永久的な集客を保証し、会社の財産になります。すぐに集客効果がなくなってしまう内容の薄いページを量産するよりも、長期間集客と顧客育成に貢献する質の高いページを月に数回アップするほうが着実にアクセス数を増加できます。



    ネットショップに高品質のWebトラフィックをおこすSEO

    ホームページのアクセス数を増やして集客につなげる

    ネットショップ・ECサイトのアクセス数を上げるお手伝いをします。



    Traffic 5000円 1か月間ホームページのアクセス数を増やすスキルサービス
     

    tag :

    上位表示されやすいコンテンツ

    上位表示されやすいコンテンツの書き方について話していきたいと思います。上位表示されるということはアクセスが集まるということになりアフィリ報酬が発生するということに繋がります。言い方を変えればアフィリで稼げない人は上位表示されていない、つまり上位表示されるコンテンツが書けていないということです。

    上位表示されるコンテンツ=アフィリで稼げるということになるのでしっかりと覚えておきましょう。上位表示されるコンテンツとはどんなコンテンツなのか?ズバリ『検索しているキーワードに解りやすく答えているコンテンツ』になります。

    そんなこと知っているよ!と思っていても上位表示されていないのであれば知っていると思っているだけで出来ていないことになります。検索する人は『○○を知りたい』『○○って何?』と何かしらの疑問を解決するために検索しています。

    例えば銀座で寿司を食べたい人は『銀座 寿司』で検索。銀座のすしざんまいに入ろうか悩んでいる人は『銀座 すしざんまい』で検索するわけです。そして、検索結果からサイトを見て自分の悩みを解決していきます。では
    これらのキーワードで上位表示させるためにはどうしたらいいのか?

    それは検索している人の悩みを解りやすく説明し解決してあげるコンテンツを書くということです。実はこれを理解していない人がとても多い。『銀座 寿司』で検索している人はいったいどんな悩みがあるのでしょうか?考えられるのは

    銀座で寿司が食べたいけどどこがいいの?
    銀座に寿司屋はあるの?
    銀座で美味しい寿司屋は?

    などでしょう。これらのキーワードでコンテンツを書こうとすると銀座にある寿司屋の一覧みたいなコンテンツに
    なってしまいます。これはダメダメです。確かに『銀座 寿司』というキーワードに対してはコンテンツは書かれていますが検索ユーザーの悩みを解決するという部分ではコンテンツが書かれていません。

    大事なことはユーザーの悩みを解決することです。そうすると、店舗一覧だけでなくこのお店は価格はこのくらいだよこういうメニューがあるよ初めてでも入りやすいよというコンテンツを入れていくことが大事になります。

    上位表示できていない人はキーワードのコンテンツを書くことに夢中になりユーザーの悩みを解決させるということを忘れていることが多いです。検索する理由、それは『悩みを解決すること』これを意識して書いていくだけでもだいぶ違うので実践してみてください。


    検索する理由、それは悩みを解決すること


    tag :

    コンテンツリニューアルで売り上げ倍増

    先週末にアフィリエイトサイトのコンテンツを一部リニューアルしました。リニューアルしたコンテンツは2つ。1つはユーザにとって読みやすいコンテンツに変更。より解りやすくより読みやすくより詳しくをテーマに徹底的にやりました。

    ここでのポイントは自分の主観で作るのではなく客観的な要素を入れて作ることが大事です。例えば他の誰かに『このコンテンツは読みやすい?』と聞いてみるなどですね。アフィリサイトでも動画でも自分で作ていると当然、良いコンテンツ、動画だと思って作っています。

    しかし、そこには何の根拠もなく他の人から見ればダメなコンテンツということがよくあります。そこで客観的な視点を入れて作ることが大事です。2つ目はアフィリ売り上げアップのためのコンテンツ修正。これはアフィリを紹介する場所を上部に持ってきたりボタンにしたりランキングにしてみたりなどしていきます。

    ここでも大事なもは客観的な視点、この場合はCTRやCVRなどの客観的データーですね。これを1%でも高くなるようにしていくことが大事です。ちなみにCVR、CTRが3%から4%にアップするだけで売り上げは1.7倍になります。

    もし、500万稼いでいるサイトであればそれだけで350万も売り上げアップ!ちなみに先週末に10ページほどアフィリコンテンツの修正をしたところ新規で4件の売り上げが発生していました。もし、修正していなければ発生していない売り上げなので純粋に売り上げ増になっています。

    アフィリエイトというとアクセスを集めることばかりに夢中になりがちですがコンテンツ修正をすることにより売り上げを伸ばすほうが実は簡単で即効性があるんです。もし、少しでもアクセスがあるサイトを持っているのであれば一度見直してみるといいかもしれません。


    tag :

     X 閉じる
    MORK