Mcommerce SEO: The Definitive Guide

自分の商品を宣伝・販売するネットビジネスサイト

 

お客様に届ける

  • お客様に届ける
  • ホームページの集客とページ数の関係とは?

    「ホームページではSEO(検索エンジン最適化)が大事!」「どんなに綺麗なホームページを作っても、検索でヒットしなければ意味がない!」これらの言葉はよく聞くけれど、SEO対策と言われても実際に何をやればいいの分からない・・・そう感じている初心者の方も多いのではないでしょうか?

    確かにSEOでは、キーワードの選定やアクセス解析などやるべきことが多岐に渡り、どれから手を付けていけばいいのか、なかなか見当がつきません。

    しかし、みなさんのホームページがまだ公開直後だったり、放置気味だったりで全体の情報量が少ないという場合は、まずはシンプルに考えてページ数を増やすことから始めていきましょう。

    短期的にアクセス数を激増させることはできないかもしれませんが、コツコツと着実に成果を積み重ねられ、長期的に考えれば未来の膨大なアクセスを確保できるからです。

    みなさんがYahoo!やGoogleなどの検索エンジンを使うときのことを思い出してください。キーワードを入力して検索ボタンを押すと、そのキーワードに関連するサイトがズラッと出てきます。そして、その中から気に入ったサイトをひとつ選び、訪問します。

    この一連の流れでおさえてほしいポイントは以下の2点です。

    ●検索結果に表示される(インデックスされる)のは、あくまでページ単位である
    ●ページが検索結果から訪問者を呼びこむ入り口になっている

    つまり、個々のページはそれ自体が集客ツールとして機能するということです。個々のページが入り口として機能するわけですから、トップページ以外からでも訪問者は十分呼びこめることになります。

    これはホームページを長年運営している方でも勘違いしがちなのですが、訪問者のほとんどはまずトップページにアクセスしてそれから各詳細ページに流れていく・・・というイメージをお持ちではないでしょうか?

    しかし、検索エンジンのアルゴリズムが発達し、きめ細やかな検索ができるようになった今では、そのイメージは現実と異なります。むしろ訪問者のほとんどは、「○○市のリフォーム施工事例」や「■■市の太陽光発電設置について」などの個別ページに検索エンジンを通してダイレクトに訪問してくると考えた方がよいでしょう。

    もちろん、実際にアクセス解析をしてみるとトップページからの訪問がほとんどを占めている、というホームページは数多くあると思います。しかし、そのようなホームページはSEO的に成功しているとは言えません。

    理由は2つあります。

    ◆トップページの順位が変動した際に、集客力に壊滅的な打撃を受ける危険性がある
    ◆トップページなどの特定のページでしか集客できていない=少ないキーワードでしか集客できていない

    トップページからのアクセスに頼るページは検索順位変動時のリスクが大きく、少ないキーワードでしか集客できていないのですから、ホームページのポテンシャルを活かしきれていません。


    逆に言えば、そのようなホームページには集客力を今よりも大幅にアップできる伸びしろがあるということです。

    tag :

    パレートの法則

    ”ホームページを活用して売上げをアップしたい!”

    ”この商品は店頭での人気はイマイチ、でも求めている人はどこかにいるんじゃないか?”


    どの会社もWebを活用して売上げを伸ばしたいと考えていますが、その全てが成功しているわけではありません。その一因として、リアル(実店舗)とWebの販売戦略の違いがあまり理解されていないことが挙げられます。

    ここで紹介するロングテール戦略(ロングテール理論)は、Webマーケティングの基礎であるのと同時に、リアルとWebの販売戦略の違いを如実に示す理論でもあります。また、比較的に実行しやすいのもロングテール戦略の優れたところです。

    何しろロングテール戦略を実施するには、圧倒的な人気商品・人気サービスは必要ありません。埋もれている商品・サービスで売上げを積み重ねるのが、ロングテール戦略の真骨頂です。それを実現しているのがネットショップ最大手のAmazonです。

    そのうえ、Web分野の高度な専門知識も不要です。ただ真面目にページを作りこんで増やしていくだけで実現できます。つまり、ロングテール戦略とは、「少数の人気商品に頼るのではなく、その他大勢のニッチな売れない商品の販売量を積み重ねることで、全体の売上げを確保する」という理論です。

    Amazonなどのネットショップ特有のビジネスモデルとして、米『WIRED』誌の編集長・クリス・アンダーソンによって提唱されました。「少数の人気商品ではなく、その他大勢の商品の販売量を積み重ねて全体の売上げをアップする」このロングテール戦略の考え方は、インターネット普及以前の小売業界の常識とは、まるで正反対の販売戦略です。

    インターネットが台頭する前、つまりリアル店舗(実店舗)を構えて商品を販売するしかなかった時代は、少数の人気商品・売れ筋商品に特化して大量に販売し、売上げの大部分を確保する販売戦略が常識でした。上位20%にすぎない人気商品で全体の売上げの80%を稼ぎ出すことから、「20対80の法則」と呼ばれます。



    法則を発見した経済学者の名前を取ってパレートの法則とも呼ばれます。

    tag :

    ユーザーが求める情報を魅力的に表現

    ページに訪れた人の満足度を向上させることそのものがSEOにも直結します。SEOの視点であっても、ユーザー体験の視点であっても、気を付けるべきポイントは同じです。世界中のWEBページを巡回するGoogleボットは、その名の通りロボットです。

    そのため、画像や動画などのコンテンツを人間と同じように理解することができません。だからこそSEOについて書かれた書籍には「テキストコンテンツをなるべく多く掲載しましょう」と書かれているのです。ファーストビューも同じです。

    できればテキストコンテンツの量を多くし、尚且つ「ユーザーがそのページを読み進めたいと思えるような、魅力的な見出しとリード文を用意しましょう。 これは既存ユーザーよりも新規ユーザーの方が多く訪れるサイトの場合、特に重要です。

    はじめてそのページに訪れる人は、そのページに何が書かれているのかをいち早く知りたいと思っています。そして、わざわざスクロールして何について書かれているページなのかを調べたいとは思ってはいません。それは同じような情報がWEB上に溢れており、ユーザーはわざわざユーザー体験の悪いサイトで閲覧を続けようなんて思いません。

    同じような情報が書かれている、より使いやすい、よりわかりやすいサイトに移動すれば済む話です。ファーストビューエリアに必要な情報は、まずGoogleボットが理解することが困難な画像や動画といったコンテンツは極力避けるべきです。

    とはいえ、人はそのページについて何が書かれているのかを視覚的に示してくれる魅力的なアイキャッチ画像には視線を移します。それが興味を持ってもらうためのきっかけになります。またそのアイキャッチ画像付近のコンテンツや見出しや本文に視線を移してくれます。

    そのため、ページの内容と関連する画像であれば積極的に導入するべきでしょう。SEOはユーザー体験の向上と結びついて、まずは人のためを考えましょう。また、ファーストビューエリアに掲載するべきでない情報として、もっとも重要なものは、外部サイトにつながる広告です。

    Googleは広告目的に作られた質の低いサイトを評価しません。ファーストビューには広告目的のサイトだと誤解されないように、サイト外リンクを極力設置しないように注意しましょう。ただ、明らかに広告リンクではないとGoogleが理解しているような、Facebookのシェアボタンや、Twitterのツイートボタンは、確かに外部サイトへのリンクではありますが基本的に問題ありません。

    もちろんユーザーが不快に感じるような不自然な貼り方はやめましょう。ここで紹介したことに気を付けていただければ、ユーザーにも検索エンジンにも評価されるファーストビューになるはずです。とにかく、重要なことは、どうすればユーザーが満足するかを突き詰めて考えることです。


    サイトの印象を左右するファーストビュー

    tag :

    SEO的にも重要な役割を果たすファーストビューにどのような情報があると良いのでしょうか。

    SEO的にも重要な役割を果たすファーストビューにどのような情報があると良いのでしょうか。ファーストビューに求められるのは、「ユーザーにとって有益なコンテンツ」。「ユーザーにとって有益なコンテンツ」があることは、SEO対策にも直結します。

    検索ユーザーにわかりやすく伝える事がSEO対策にも繋がります。それでは具体的にどのような情報があると良いのかというと、主に3点がお客様から求められる情報といえます。◆「そのページに何が書かれているのか」を把握できる内容◆ページの内容を訴求するアイキャッチ◆ナビゲーション。

    言い換えると、「ユーザーが読み進めたいと思う魅力的なキャッチコピーや冒頭のリード文」「探しているものがあるとわかるアイキャッチ」「ユーザビリティの向上や直帰率の軽減のためのナビゲーション」が「顔」として求められる情報といえます。

    反対にファーストビューエリアでやるべきではない事としては、「外部サイトへのリンクやアフィリエイト広告」の過剰な設置です。広告目的のサイトは低品質なサイトとみなされ評価されない可能性があり、Googleから広告収入目的のサイトと誤解されることが考えられます。

    また、本来のメインコンテンツで伝えたい内容が、広告により見られなかったり、また見づらかったりする事をアクセスしてきたユーザーも望んでいません。このようなファーストビューだとユーザビリティの高いサイトページとはいえません。


    まず第一にユーザビリティを高くすることが必要です。

    tag :

    ネットショップの集客につながるポイント

    オンライン授業やセミナーなどのネットショップの案内文を考えるときのポイント
    ネットショップの案内文を作る前に、まずはいくつかのポイントを決めておかなければなりません。事前にどのような点に気を付けるべきか解説します。

    ターゲット
    ネットショップの案内文を考えるには、はじめにどんな人をセミナーの対象にするのか明確化する必要があります。例えば、マンション不動産について学びたい人がいるとしても、それが購入したマンションに住むためなのか、それとも人に貸し出す賃貸物件として活用するためなのかといったように、学ぶ目的は人によってさまざまです。広い集客を見込みたいからといって、あまりにセミナーの内容を広範囲にしすぎていると、中身のないセミナーだと判断されて、かえって集客性が低くなる可能性があります。また、ターゲットのレベル設定しておくと良いでしょう。完全初心者向けのセミナーなのか、ある程度理解している人に向けてのセミナーなのかでも、案内文の内容は大きく変わってきます。

    ゴール
    ターゲットと同時に、ゴールについても決めておく必要があります。例えば、株のセミナーを開くとしましょう。セミナー受講者が株に触ったことのない初心者をターゲットとするなら、株を買ってみるまでがゴールです。ある程度株に触れている人であれば、株の購入はすでに行っているはずです。そのため、収益をプラスにすることを目標とするのが良いかもしれません。このように、ターゲットがセミナーに参加することで、最終的にどんなことができるようになるのか、ゴールを明確化しておくと、セミナーを開催する目的も具体的になり、参加するメリットをはっきりさせることができます。

    プロフィール文
    プロフィール文も、セミナーの案内文において、ないがしろにしてはいけない要素です。新規セミナー場合、多くの受講者はセミナー講師と対面したことがないケースがほとんどでしょう。「講師が本当に自分に教えられるだけの知識量や実績があるのか?」といった疑問は受講者が皆持っています。抽象的で不信感があるプロフィールでは、参加を躊躇させる理由にもなりかねません。そのため、講師や主催者のプロフィールは、明記することが求められます。また、プロフィール内容は、セミナーに合わせてアレンジするよう心がけましょう。


    PS
    プロフィールの書き方は、制限文字数160文字をフルに使って自己紹介をして、自分がどんな人間なのかを伝えること。プロフィールは興味を持ってもらえる可能性を広げる窓です。

    自分は何者なのか?(肩書き)
    今どのような環境で暮らしているのか?
    自分の好きなものは何か?
    どんなことをツイートしているのか
    どんな人とつながりたいのか
    など160文字いっぱいを使って、書きましょう。

    思い出して?新しいクラスで自己紹介をする時。

    自分がどんな部活動をしているのか
    どこの学区の出身か
    家族は何人いるのか
    好きな食べ物
    好きなアーティスト

    そういうこと話してたよね?プロフィールもそれと同じ。


    tag :

     X 閉じる
    MORK