Mcommerce SEO: The Definitive Guide

自分の商品を宣伝・販売するネットビジネスサイト

 

ネットショップ出店ASP

  • ネットショップ出店ASP
  • WEBサイト診断・アクセス解析・分析

    WEBサイト・ネットショップ・ブログの売上改善・集客増の提案スキル
    指定ジャンルで稼げるかチェックします。Google Analytics、サーチコンソール分析込み
    20000円

    Webマーケティング歴9年、自身のブログで収入を得ている経験を活かし、Webで集客するための個人的なアドバイスをします。Google アナリティクスやSearch Consoleなどの分析ツールで問題をあぶりだし、具体的に何をどう改善すればいいのかあらゆるWebマーケティングの視点からアドバイスさせていただきます。

    !こんな悩みをお持ちの方におすすめのスキルです。!
    !広告費はかけずに、WEBやブログで発信してお客様に知ってもらいたい!
    !予約が月に5件も入らない!なぜホームページから予約がないのかわからない!
    !ネットを使って宣伝、予約数を増やしたいが、SEO?SNS?何からやればいいかわからない!

    診断ポイント
    ・SEO対策など検索で読みやすく、ヒットしやすい記事になっているかどうか
    ・想定のお客様にお店やオーナーの人柄・魅力が伝わっているかどうか
    ・予約・販売しやすいページ構成(LPO)になっているかどうか
    ・ライティングやフォームの内容・設置場所は適切かどうか
    ・閲覧権限をいただける場合はGoogleアナリティクス、サーチコンソールでの分析など

    自分では気づけなかった様々な問題点を見つけ出すことができるようになります。たとえば
    ・ボタンが小さすぎたためにユーザーが迷っていたなどの問題
    ・PCからだと問題なくボタンが押せたが、スマホだと押せなかったなどの問題
    ・最高の表現だと思っていた文章が、実は表現が間違っていて伝わりにくい問題
    ・専門用語が多すぎてベネフィットを伝えられていなかった問題

    などページ構成などのアドバイスやコンテンツをこんなふうに入替えると申込率が改善すると思われる提案など
    初心者の方でもわかりやすいよう、専門用語を使わずにすぐに実践できる内容のアドバイスをお伝えすることを心がけています。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ご購入頂いたお客様へ
    最初の取引メッセージで以下のことをお知らせください。
    ■診断してほしいURL:
    ■WEBサイトやブログについての悩み・特に知りたいことを詳しくお知らせください:
    ーーーーーーーーーーーーーーーー

    診断方法
    ①WEBサイトやブログのURLを1つお送りください。7日以内に診断結果とご提案書をお送りします。結果送付後、3日間、ご質問にお答えします。

    ファイル形式:PDF


    tag :

    ネットショップ運営のためのメール種類一覧

    ネットショップの担当者にとって、メールはお客様との重要なコミュニケーションツールです。購入者のほうも、商品のみならずメール対応の良し悪しを含めてネットショップを評価する傾向があります。どうせならメールテンプレートを工夫して、「問い合わせをしたら感じの良い返信が来た」などと顧客にプラスの印象を持ってもらい、新たなファンやリピーター作りにつなげるために、メールテンプレート(定型文)は必ず用意しておいたほうが良いです。

    ネットショップ運営に最低限必要なメール

    注文確認メール
    注文完了と同時に自動送信されるメール。お客様に注文手続きが無事に完了したことを伝えます。

    受注承認メール
    ショップスタッフが商品在庫の確認などを済ませたうえで送るメール。
    お客様に商品の確保が完了し、注文が確定したことを伝えます。

    入金確認メール
    ショップ側が入金を確認した後に送るメール。お客様に支払い手続きが無事に完了したことを伝えます。

    発送完了メール
    商品の発送が確定してから送るメール。お客様に商品が届く日時や荷物の追跡方法を伝えます。

    フォローメール
    後日、お客様に品物や取引の感想をうかがうために送るメール。販売チャンスの拡大やサービス改善につなげます。

    メールは送るタイミングや返信スピードがかなり重要です。すぐに使えるメールテンプレートを用意しておけば、お客様からの問い合わせや注文内容の変更依頼、店舗からの確認や受注キャンセルなど、様々なシーンで迅速な対応が行えるメリットがあります。

    一方で、メールテンプレートにはデメリットもあります。機械的に送信するだけでは、「誠意が感じられない」とお客様に思われる原因になってしまうので、自社のアレンジも多少加えましょう。この機会に、自動送信メールも見直して、自社のネットショップにふさわしい設定を考えてみませんか?

    たとえば、自社のネットショップの在庫が潤沢で即日出荷などが可能なら、「注文確認メール」と「受注承認メール」を1つにまとめてしまっても構いません。お客様が不要だと感じるメールまで送るとマイナスの印象を与えてしまうため、送信するメールの内容は重複しないことが望ましいです。

    同じようなネットショップをいくつか利用しているお客様は、読みやすく工夫されたメールを送ってくるショップの方に親しみを覚える可能性が高いです。メールの件名・ヘッダー・フッターの書き方を少し工夫するだけでも、ライバル店に差をつけることができます。

    件名の差別化
    件名に【ショップ名】を入れて送信元を明確にする
    【ショップ名】は10文字以内、全体は20〜25文字程度で分かりやすく
    メールソフト側の「送信者の表示名」もきちんと日本語で設定する

    ヘッダーの差別化
    担当者の個人名を出す
    オリジナルのあいさつ文を考える
    最初の3、4行で個性を出し、メールの要件も分かるようにする

    フッターの差別化
    問い合わせ先を明記する(住所、電話番号、メールアドレス)
    ショップ名の読み方やキャッチフレーズを入れる
    ショップURLや一押しコンテンツを紹介する
    装飾ラインや見出しのデザインを統一する

    これらの設定は、できればネットショップを開店する前に行い、テスト送信をして携帯電話・スマホ画面での読みやすさもチェックしておくとベストです。ちなみに、ASP(カート会社)を利用してネットショップを構築した場合、メールを自動送信する仕組みも標準で備わっていることが多いです。ただしメールテンプレートは固定の場合もあるため、導入前に確認が必要です。

    商品の受注から納品完了までの間に、状況に応じて個別の顧客対応が必要になることはよくあります。次のようなイレギュラーな問い合わせやトラブルについても自社の対応方法を決めておき、メールの例文を準備しておくことをおすすめします。

    お客様からのよくある問い合わせ

    在庫状況、再入荷予定について
    商品の機能や付属品について
    ギフトラッピングについて
    最短配送や海外発送について

    状況により個別対応が発生するケース
    注文品の変更・キャンセル
    決済方法や請求金額の変更・修正
    未入金の催促
    代引き受け取り拒否への対応
    悪天候や災害などによる配送遅延

    お詫びメールを送るケース
    店舗都合による注文キャンセル
    商品到着時の不良や梱包の不備
    商品やメールの送り先を間違えた場合
    急ぎの電話に出られなかった場合

    予防線を張るという意味では、基本のメールテンプレートの書き方を工夫して、トラブルを未然に防ぐ発想も必要です。一般的に、お客様は注文した直後に、店舗都合のキャンセルメールが機械的に届くことを嫌います。もしも自社で複数のネットショップを運営していて在庫切れが発生しやすいのであれば、最初の「注文確認メール」の中に注意書きを加えておくべきです。

    たとえば、「お客様のご注文はまだ確定しておりません。商品の在庫を確認後、注文確定メールをお送りします。欠品の場合は受注キャンセルメールをお送りしますので何卒ご了承ください」などと記載しておけば、お客様にも納得してもらいやすいでしょう。

    商品の到着した頃を見計らってフォローメールを送ると、お客様から貴重な意見を聞くことができるうえに、ショップを身近に感じてもらえる効果があります。その関係性をさらに深めていくには定期的なメールマガジンの発行も有効です。


    tag :

    どんなに綺麗なホームページを作っても、検索でヒットしなければ意味がない!

    「ホームページではSEO(検索エンジン最適化)が大事!」
    「どんなに綺麗なホームページを作っても、検索でヒットしなければ意味がない!」

    コンテンツの量も重要です。たとえば、全てのコンテンツが3分程度で読み切れるほどの情報量しかないホームページを想像してください。どんなに掲載されているコンテンツが有益で興味深くても、全ての情報を読み尽くした訪問者はもう一度ホームページにアクセスしようとは思いません。

    よって、ホームページのリピーターになってもらい、アクセスアップにつなげるためには、1回の訪問では読み尽くせない量のコンテンツを用意しておく必要があります。訪問者に「このホームページはためになるけど、今回は時間が無くて全部の記事を読み切れないから、後でもう一回来てみよう」と感じてもらえれば、ホームページをブックマークされる(お気に入りに登録される)可能性が上昇します。

    ここまでくれば、訪問者のリピーター化まであと一歩です。また、コンテンツ量を増やすメリットはリピーターの増加だけではありません。コンテンツが充実しページ数が増加していけば、多様なキーワードで検索対策ができるようになり、Yahoo!やGoogleの検索経由での集客力も強化されます(SEOの強化)。

    コンテンツの充実化はリピーターと新規顧客の両方を増やせるのです。みなさんがYahoo!やGoogleなどの検索エンジンを使うときのことを思い出してください。キーワードを入力して検索ボタンを押すと、そのキーワードに関連するサイトがズラッと出てきます。そして、その中から気に入ったサイトをひとつ選び、訪問します。


    この一連の流れでおさえてほしいポイントは以下の2点です。〇検索結果に表示される(インデックスされる)のは、あくまでページ単位である〇ページが検索結果から訪問者を呼びこむ入り口になっている。つまり、個々のページはそれ自体が集客ツールとして機能するということです。

    個々のページが入り口として機能するわけですから、トップページ以外からでも訪問者は十分呼びこめることになります。これはホームページを長年運営している方でも勘違いしがちなのですが、訪問者のほとんどはまずトップページにアクセスしてそれから各詳細ページに流れていく・・・というイメージをお持ちではないでしょうか?

    しかし、検索エンジンのアルゴリズムが発達し、きめ細やかな検索ができるようになった今では、そのイメージは現実と異なります。むしろ訪問者のほとんどは、「○○市のリフォーム施工事例」や「■■市の太陽光発電設置について」などの個別ページに検索エンジンを通してダイレクトに訪問してくると考えた方がよいでしょう。

    もちろん、実際にアクセス解析をしてみるとトップページからの訪問がほとんどを占めている、というホームページは数多くあると思います。しかし、そのようなホームページはSEO的に成功しているとは言えません。理由は2つあり、1つ目は、トップページの順位が変動した際に、集客力に壊滅的な打撃を受ける危険性があること。

    2つ目はトップページなどの特定のページでしか集客できていない=少ないキーワード(会社名など)でしか集客できていないことです。トップページからのアクセスに頼るページは検索順位変動時のリスクが大きく、少ないキーワードでしか集客できていないのですから、ホームページのポテンシャルを活かしきれていません。

    逆に言えば、そのようなホームページには集客力を今よりも大幅にアップできる伸びしろがあるということです。以上を踏まえると、トップページ依存型から脱却し、細かな個別ページからも集客できる体制を整えるのが重要ということになります。

    そのため、各ページを作りこむ際に「情報が閲覧者にきちんと伝わるか?」という視点だけでは効果的なホームページは作れません。それとは別に「このページは集客の入り口として機能するのか? 

    検索結果からダイレクトにこのページにアクセスした訪問者にとっても分かりやすいページ構成になっているか?」という視点も併せて持ちながらページ作りをしていけるかが、ホームページ全体の集客や売上げを左右するのです。


    ネットショップに高品質のWebトラフィックをおこすSEO

    ホームページのアクセス数を増やして集客につなげる

    ネットショップ・ECサイトのアクセス数を上げるお手伝いをします。



    Traffic 5000円 1か月間ホームページのアクセス数を増やすスキルサービス

    tag :

    競合他社のホームページでチェックすべきコンテンツ

    競合調査のときは「東京 リフォーム」「大阪 板金」など激戦区の地名キーワードで検索するのがよいでしょう。競争が激しい地域でランキング上位を維持しているホームページは全体的にクオリティが高く、参考になるコンテンツが多いです。

    良質なホームページをチェックして、どんなコンテンツが掲載されているのかを把握してコンテンツ作成のヒントにしましょう競合他社のホームページをチェックするときは、以下のようなコンテンツに注目しましょう。
     
    【競合他社のホームページでチェックすべきコンテンツ】
    普遍性が高い内容のコンテンツ
    自社と共通した情報が記されているコンテンツ
    同業のプロの目から見ても、解説が丁寧で詳しいコンテンツ
     
    特に参考になると感じたページは印刷してストックしておき、自社のコンテンツ作成時に常に手元に置いておくのがお勧めです。「どんなコンテンツを作ればいいのかわからない・・・」と途方に暮れている会社の多くは、この競合他社のホームページ調査が不足しています。

    競合他社のホームページは、自社のコンテンツを作成するうえで一番有力な先生になります。また、SEOチェキなどのツールを利用すると競合他社がどのようなキーワードをターゲットとしているのかも調査できます。これも自社のSEOキーワード選びのときに、とても役立ちます。

    特にSEO面でいえば、長期間にわたり検索上位を維持するだけの高品質なコンテンツでないと、エバーグリーンコンテンツとして機能しません。高品質なコンテンツとは、訪問者の疑問やお悩みを100%解消できるようなコンテンツのことそれでは、高品質なコンテンツとはどういったものでしょうか?

    それは訪問者が抱えている疑問やお悩みを100%解消し、自身でその解決策を実行できるような内容のコンテンツです。コンテンツを作るときは、自分が実際にお客様にコンテンツの核となる質問をされたときのことを想定してくださいその質問に対する自分のできるかぎり最良の回答を、お客様に語りかけるように文章化しましょう。

    ホームページのコンテンツ作りは、リアルでのお客様対応とその本質は何ら変わりません。熱心な回答をすればお客様にご納得いただけ笑顔がもらえるように、ホームページに全力の回答を掲載すればYahoo!やGoogleからのアクセスと、SNSでのシェアが獲得できます。

    ただ一点、リアルのお客様対応とホームページのコンテンツ作成で大きく違う点があります。コンテンツ作成では、お客様の時間の都合を気にすることなく、じっくりと回答を練り上げることができます。これはリアルでのお客様対応にはない大きなメリットです。

    時間をかけて、自社ができるかぎり最良の回答を作成しましょう。ページタイトルを決めるときは、主に以下の4点を意識してください。



    ネットショップに高品質のWebトラフィックをおこすSEO

    ホームページのアクセス数を増やして集客につなげる

    ネットショップ・ECサイトのアクセス数を上げるお手伝いをします。



    Traffic 5000円 1か月間ホームページのアクセス数を増やすスキルサービス


    tag :

    PPCアドセンスの稼げる仕組み

    PPCアドセンスってなに?
    PPCアドセンスで稼げるの?
    PPCアドセンスのやり方は?

    まず初めにPPCアドセンスとは?について説明していきます。PPCアドセンスとはヤフープロモーション広告のYSS(検索広告)でアクセスを集めてGoogleのアドセンスで収益を得る手法です。

    アクセス⇒YSS(ヤフー検索型広告)
    収益⇒Googleのアドセンス

    ヤフーでアクセスを集めてグーグルで収益発生。これがPPCアドセンスです。『これで本当に稼げるの~』と思うかもしれませんが稼げてしまうんです!PPCアドセンスについてもう少し詳しく説明していきます。ヤフー広告とアドセンスについて説明しますね。この2つを理解していないと間違ったやり方をしてしまうので!

    ヤフーのYSS広告とは検索結果の上位に表示される広告のことです。ヤフーで何かを検索すると検索結果の上に広告が表示されます。この広告をYSS(ヤフースポンサードサーチ)といいます。YSSの特徴は指定したキーワードで広告を表示させることができます。

    また、広告費は表示させるだけでは発生せずに広告をクリックされて初めて広告費が発生します。1回クリックされるごとに広告費が発生し1クリックされたときの広告費をクリック単価と言います。クリック単価は任意で設定できますがキャッシングなどのキーワードで広告を出したい場合には1クリック1000円のクリック単価になることも珍しくありません。

    グーグルアドセンスはGoogleが提供する広告でクリック型広告ともいわれています。ブログなど見ているとよく見かける広告がアドセンスです。アドセンスの特徴はアドセンスコードを貼っておくだけでGoogleが記事にマッチした広告を自動に掲載してくれるというところです。

    例えばうどんの記事なら冷凍うどんの広告が掲載されたり、車の記事なら車買取の記事が掲載されたりします。記事にあった広告が配信されるのでアフィリエイトなどと違い趣味のブログなどでも収益を得ることが可能になります。また、クリック型広告なので広告がクリックされた時点で収益が発生します。

    アドセンスも1クリックされると収益が発生し1クリックされたときの収益をクリック単価と言います。クリック単価は広告によって異なります。広告費を沢山使う業種ではクリック単価は高くなる傾向にあります。平均すると1クリック10円~300円くらいですね。

    以上がYSSとアドセンスの基礎知識です。そして、この2つを組み合わせたものがPPCアドセンスになります。PPCアドセンスとは、YSSでアクセスを集めてアドセンスで稼ぐこと。

    YSSの特徴
    指定したキーワードで広告を表示させる
    広告がクリックされると広告費が発生する

    アドセンスの特徴
    記事にあった広告が自動で表示される 
    どんな記事でも広告が表示される
    クリックされると売り上げが発生する


    tag :

     X 閉じる
    MORK