Mcommerce SEO: The Definitive Guide

自分の商品を宣伝・販売するネットビジネスサイト

 

O2O

  • O2O
  • O2Oとオムニチャネルの違い

    O2Oと似た施策にオムニチャネルがあります。どちらも実店舗とオンラインをあわせて活用するマーケティング手法ですが、その意味合いは少し異なります。オムニチャネルのオムニ(omni)とは「すべての」という意味の言葉です。チャネルはマーケティング用語で企業やブランドが消費者に対してもつ流入経路、たとえば実店舗やECサイトを指します。オムニチャネルでは、すべての流入経路が共通のデータをもっていて、どのチャネルからでも消費者が一貫性のある購買体験ができます。

    具体例でいえば、UNIQLOをイメージするとわかりやすいです。あなたがUNIQLOで買い物をするとき、オンラインショップで買ったとしても、あるいは実店舗で買ったとしても、同じように「UNIQLOで服を買った」と認識するのではないでしょうか?UNIQLOオンラインストアではサイトで購入した商品を店舗受取にすると送料がサービスされますが、これもオムニチャネル施策の一環です。

    では、O2Oとオムニチャネルの違いは何か。大きなポイントは目的です。

    O2Oの主な目的は新規顧客の獲得。オンラインネットワークを活用して広く見込み客にアピールをし、実店舗での購入に至らせます。オムニチャネルは、すでに商品やサービスを利用している層をさらにファンとして囲い込むことを目的としています。オンラインとオフライン、双方のメリットを掛け合わせて顧客を育てていくオムニチャネル施策の一環としてO2Oも存在する、というイメージです。


    tag :

    O2Oとは?

    O2O(Online to Offline)マーケティングとは、オンライン(=WEBサイト、インターネット広告、SNSなど)で広く情報発信をし、集めた見込み客をオフライン(=実店舗)へ誘導して購買を促す施策のことをいいます。
    「On2Off」と表記されることも。さまざまな種類のあるマーケティング手法の中でも比較的新しく、近年注目を集めているメソッドです。

    O2Oマーケティング登場の背景には、インターネットの発展があります。とくにスマートフォンが急速に普及してからは、ほとんどの消費者が情報を得る手段としてネットを選ぶようになりました。実店舗であっても、効率のよい集客のためにはネットで情報発信することが必至となってきたのです。たとえばSNSアカウントを作り、フォロワーに対して来店時に使えるクーポンを発行するなど。このように、オンライン上で来店の動機となるメリットを客に対して提示することがO2Oマーケティングです。


    tag :

     X 閉じる
    MORK