Mcommerce SEO: The Definitive Guide

自分の商品を宣伝・販売するネットビジネスサイト

 

Googleサーチコンソール

  • Googleサーチコンソール
  • あわせて使いたい!Googleサーチコンソール

    できればGoogleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)も設定しておきましょう。その名の通りサーチコンソールもGoogleが提供しているツールですが、アナリティクスとはまた違った機能を持っています。

    アナリティクス 「サイトにアクセスされたあとのユーザーの動き」がわかるツール

    サーチコンソール 「サイトにアクセスされる前のユーザーの動き」がわかるツール

    前述の通り、アナリティクスではサイトに「何人のユーザーが来て」「どのような動きをしたか」がわかります。対して、サーチコンソールはGoogleの検索結果に「なんというキーワードで」「何回表示され」そのうち「何回クリックされたか」を調べることができるのです。

    たとえば「Tシャツ 通販」というキーワードで、比較的上位に何度も表示されているのにクリックされた数が少なければ「あれ?おかしいな」となりませんか?そうなれば「もっとクリックされるように改善をしてみよう」となりますよね。ここに気づくことができるのがサーチコンソールというわけです。

    これまでGoogleアナリティクスでも「何というキーワードで検索してサイトに訪れたか」を調べることができましたが、昨今ではこのデータも取れにくくなってきているため、さらにサーチコンソールの重要度は増してきています。またそのほかにも

    ・Googleからの評価がわかる
    ・モバイルユーザビリティ(スマホにきちんと対応しているか)がわかる
    ・クロールエラーが確認できる
    ・Googleにサイトをクロールして(見に来て)くれるよう申請ができる
    ・サイトマップの登録ができる
    ・サイトの問題点を確認できる

    などいろいろな活用方法があります。

    このようにこちらも無料で使えて非常に役立つツールですが、アナリティクスに比べ知名度が低いのかあまり利用されていないようです。これは非常にもったいないことなので、是非使ってみてください。

    Googleサーチコンソールの設定方法

    ここからはGoogleサーチコンソールの具体的な設定方法をお伝えしていきます。

    1. Googleサーチコンソールにサイトを登録

    まずは「Googleサーチコンソール」のホームページを開きます。そして、右上に表示される「プロパティを追加」をクリックしてください。そうすると画面中央に「プロパティを追加」というウィンドウが表示されますのでサイトのURLを入力し「続行」ボタンをクリックします。

    2. サイト所有権の確認

    (登録したURL)の所有権を確認します、というページに遷移します。ここでは自分が管理しているサイトであることをGoogleに知らせるため、所有権の確認という作業をおこないます。

    方法は「おすすめの方法」と「別の方法」とで計5種類あります。

    ・HTMLファイルをアップロード(Googleおすすめ)
    ・HTMLタグ
    ・ドメイン名プロバイダ
    ・Google アナリティクス
    ・Google タグマネージャ

    こちらもアナリティクス同様、ネットショップを構築した際のサービスによって適した確認方法は異なります。わからなければマニュアルで調べるかサポートセンターに問い合わせてみましょう。それぞれの方法で、確認の準備ができたら「おすすめの方法」「別の方法」それぞれのページ下部にある「確認」ボタンをクリックしてください。「(登録したURL) の所有権が確認されました。」と表示がされれば設定は完了です。これでようやく集客対策をおこなう準備が済みました。


    tag :

     X 閉じる
    MORK