Mcommerce SEO: The Definitive Guide

自分の商品を宣伝・販売するネットビジネスサイト

 

リピーター

  • リピーター
  • リピーターを意識したファーストビューの基本とは?

    ファーストビューとは、ページを表示したときにスクロールせずとも表示される範囲の事をいい、違う言い方だとAbove the foldとも言われています。でも、ファーストビューって「SEOじゃなくて、どちらかというとデザイン領域なのでは?」と思った方も多いかもしれません。実はSEOにおいてもファーストビューのエリアを改善する事はとても重要な事なのです。

    Googleが発表したファーストビュー判定のアルゴリズム「ページレイアウトアルゴリズム」の改善を繰り返しており、ページのどこまでがファーストビューでどこからがメインカラムか、更にサイドカラムはどのエリアか、など、ページのレイアウトを理解しているといわれています。

    このアルゴリズムはファーストビュー領域にページ独自のコンテンツが無ければ評価を下げるといった判定をするものですが、主にアフィリエイトサイトにおいてユーザーが望んでいない広告ばかり見せられるといった問題を解決するため、導入されることとなりました。

    さて、訪問ユーザーがページの内容を判断するまで「3秒」といわれています。その間に、欲しい情報がみつからないと判断されれば、多くのユーザーは離脱してしまいます。ページの読み込みスピードについても触れなければなりません。

    SEOにおいて、ページの読み込みスピードは重要なポイントです。SEO Packのツール内部対策状況をチェックできる機能では、「1.5秒以内」にページの読み込みが完了する事を推奨していますが、もしページの読み込みスピードを改善したいと思っている場合は、ファーストビューの読み込みを改善してみましょう。

    具体的な改善方法の詳細は別の機会にご説明させていただきますが、主にJavaScriptやCSSの読み込みをファーストビューとそれ以外に分け、ファーストビューを優先的に読み込むという方法も一つの方法です。


    tag :

    リピーターを増やすために、既存顧客をいくつかの分類に分けて管理

    リピーターを増やすために、既存顧客をいくつかの分類に分けて管理する必要があります。「注文回数」や「購入金額」、「購入日の間隔」によって、顧客の特徴が異なってくるので、それぞれの顧客に適切な対策をおこなうことで、リピート率や売上をあげることができます。 

    初回客 初めてショップの商品を購入したお客様

    購入金額の多さは問わず、初めてショップの商品を購入したお客様。しかし、商品を購入した直後に後悔を感じることが多く、またショップからのフォローが少ないと感じている傾向があります。よってショップへの信頼感や安心感が低い可能性が考えられます。

    リピート対策

    お客様に対して、商品に対する満足度や効果を実感してもらう必要があります。満足度をあげるために、購入した商品の品質や正しい使い方などの情報を提供した方が良いでしょう。具体的にはメルマガや商品に同封するチラシなどで、お客様と接触回数を増やすことが大切です。

    初回購入日から90日までの間に2回目の購入をしたお客様

    2回目の商品購入をしてくれたので、商品に対する満足度は高い傾向はあるが、あなたのショップと付き合いが浅く、深くは知らない状態です。

    リピート対策

    競合ショップが同じ様な商品をより低価格で販売していると、乗り換えられる傾向があるため、ショップに愛着をもってもらう必要があります。そのために、ショップの魅力を伝えることが大切です。たとえば、「商品やサービスへのこだわり」や「働いているスタッフの声」など、ショップに共感してもらうコンテンツが考えられます。初回購入から日が浅いため、「初回客」と同じ様に、引き続き商品に対する満足度や効果を実感してもらうことが必要です。

    初回の商品購入日から90日以上経ち、商品を2回以上購入しているお客様

    商品を2回以上購入しているので、商品の良さがわかっていて、ショップに対する愛着も持っている可能性が高いと考えられます。しかし、合計の購入金額が平均顧客単価よりも低い状態です。

    リピート対策

    お客様とのコミュニケーションを常時おこなっているため、関連商品をおすすめすることで平均顧客単価を上げる必要があります。商品満足度が高く、ショップのファンになりつつあるため、自信をもって関連商品を伝えることで、さらにお客様の満足度を高めることが大切です。同じ様に引き続き、お客様が喜ぶ情報を提供する必要があります。

    初回購入から90日以上経ち、商品を2回以上購入しているお客様

    合計の購入金額が、平均顧客単価を上回っているが、利益率が低いバーゲン商品や割引キャンペーンで商品を購入している場合が多い状態

    リピート対策

    流行客は短期間の内で多額の買い物をしてくれるので、重要なお客様であるとみなしがちですが、 商品の質よりも価格(バーゲンや割引キャンペーン)に反応するので、リピーターになる可能性は高くはありません。また価格に反応するお客様に注力すると、利益率が下がる傾向があります。あまり力を入れず商品満足度をあげることだけを考えた方が無難であると考えられます。

    優良客(ファン・リピーター)

    初回購入から210日以上経ち、商品を3回以上購入しているお客様。商品の満足度が高く、ショップに愛着をもち、さらに合計の購入金額も平均顧客単価も高く、あなたのショップの成長を支えてくれる大切なパートナー。

    リピート対策

    「優良客」に対しては、感謝の気持ちを表現するための手段が必要になります。その手段として、ほかのお客様とは異なる「特別感」を感じてもらえるようなコンテンツを提供することが大切です。たとえば、優良客だけが買える特別商品や参加できるイベント、優良客だけのメールマガジンなども特別扱いになります。売上の大部分をもたらす優良客は是非とも大切にしましょう。リピーター成功のカギは、上のように既存顧客を分類し、すべてのお客様に同じアプローチをするのでなく、各顧客に対して異なるアプローチをすることです。お客様を育てるようにアプローチの内容を変えると劇的に反応が変わります。やってみる価値は十分あるでしょう。


    tag :

     X 閉じる
    MORK