Mcommerce SEO: The Definitive Guide

自分の商品を宣伝・販売するネットビジネスサイト

 

Googleアドセンス

  • Googleアドセンス
  • 収益拡大の方法ー記事作成を外注して効率化

    やっとアフィリエイトで食べていけるようになったのに、忙しさはあまり変わっていない


    記事作成の外注も、収益拡大に向けた手段の一つです。いままで記事作成に追われていたのが、外注することで、「いままでできていなかったこと」ができるようになります。たとえば、データ分析。SEO対策のためのデータ分析に注力できるようになれば、いま読者にとって最もニーズの高いコンテンツがわかります。

    そうすれば、収益を生む可能性の高い新たなコンテンツをつくれるようになります。時間をお金で買い、リソースを確保することで、新たなコンテンツ案を考えたり、他サイトの立ち上げたりしていく、ということです。「やっとアフィリエイトで食べていけるようになったのに、忙しさはあまり変わっていない」という悩みを持つ方が多いのではないでしょうか?

    「いつGoogleのアルゴリズムでSEOが変動してしまうのか」「取り扱っている案件がいつ終了になるかわからない」といった恐怖感や「作業を止めたら、報酬も落ちてしまうのではないか」といった強迫観念からついつい、働き続けてしまいますよね。この悩みを解決する方法が、「アフィリエイト記事の外注」です。

    業務の一部を外注することで、「お金」だけではなく「時間」も手に入れることができるのが魅力です。もちろん「一人で出来るビジネス」というのが、アフィリエイトの特徴でしたが、外注することで「時間を手に入れる」ことができます。

    「アフィリエイト記事の外注」を行うことにおけるメリットは2つあります。記事作成以外の作業に注力できることと、足りない技術を補ってもらうことができることです。アフィリエイトの運営には、記事作成以外にも、SEO分析や最新の情報入手など、さまざまな作業がありますよね。

    記事作成を外注することで、そういった作業に注力する時間が増えます。SEO分析を行う時間が増えれば、さらなる集客に向けた対策が行えますし、最新情報が集まれば、いま読者にとって、最もニーズの高いコンテンツを、考察することもできます。

    それ以外にも、他の業務に充てる時間が増えることで、いままでできなかった業務を行うことができる点がメリットです。また、記事作成の外注だけでなく、さまざまな作業を外注することができます。アフィリエイトの仕事が好きという人でも、得手不得手はあるのではないでしょうか。

    たとえば、「記事を書くのは好きだけど、写真を撮影したり、イラストを描いたりするのは苦手」という方や、「調べるのは得意だけど、調査結果をグラフに起こすのが苦手」というような、苦手分野の技術を補ってもらうことで、よりよい記事作成を行うこともできます。

    アフィリエイトの作業のうち、ほとんどの作業を外注スタッフに依頼することも可能です。中には、管理画面で売上を確認すること以外、すべての運用作業を外注しているアフィリエイターもいます。このように、苦手分野を外注し、得意分野に工数をかけ、サイトの質を高めることができる点がメリットです。

    このように、外注スタッフに依頼することで、より自由な時間を得ることができ、得た時間でさまざまな作業を行うことができます。そして、余った時間で他の新しいサイトを立ち上げたり、アフィリエイトとは全く関係ない仕事をしたり、さまざまな時間に活用ができると考えたら、とても魅力的ですね。

    事前に知っておきたい! 外注のデメリット

    ここまで外注することのメリットをお話してきました。しかし、もちろんデメリットもあります。外注することとは、「お金で時間を買う」ことです。現在の収益とのバランスを考慮しながら外注を行う必要があります。なんでもかんでも外注し、赤字になってしまいスタッフに費用をお支払いできない! ということにならないよう注意が必要です。

    外注スタッフを雇いはじめたころは、スタッフの育成に想像以上に工数がかかります。その際に、一番やってはいけないことは、「中途半端に手を出す」ことです。一時的に「一人でやっていた時よりも忙しい」状態になったアフィリエイターもいらっしゃいます。

    外注スタッフが、自分のやり方になれ、軌道に乗るまでは、複数の外注作業を一斉に依頼するのではなく、一つの作業に集中させて外注化に専念することがおすすめです。それを乗り越えれば、心の底から「やってよかった!」と思えるほど、心強い味方になってくれますよ。

    CtoCオンラインで記事作成を外注してみよう

    それでは、実際に記事の外注を依頼してみましょう。以下の手順で記事を外注することができます。

    手順
    1.クラウドソーシングサービスに登録する
    2.記事作成依頼の募集を出す
    3.外注スタッフを選ぶ(選び方も紹介)

    クラウドソーシングサービスに登録する

    最近では、アフィリエイターとライターをマッチングしてくれる「クラウドソーシングサービス」で外注するのが主流です。会員登録を行えば、だれでも利用できるため、どんな仕事もかんたんに発注することができます。気軽に登録できるため、両サイトとも登録者数は多く、外注スタッフが見つかりやすいのはメリットです。

    登録時は個人情報を入力しますが、それが相手に知らされることはなく、ニックネームでのやりとりをすることができます。(中には、実名で登録されている方もいらっしゃいます)。ただし、どうしても関係は希薄になりがちなので、長く仕事をしたい人とは積極的にコミュニケーションを取り、不満を募らせないように注意する必要があります。

    会員登録が完了したら、次は記事作成依頼の募集を出します。よく「どんな風に募集文を書けばいいですか?」「どれくらいの文字単価で出せばいいですか」という質問をされますが、募集の書き方に正解はありません。しかし、外注した記事が出来上がったとき、「望んでいたものと全然違った!」「サイトのイメージに合わない!」というようなことになると、困ってしまいますよね。

    そういった問題を解消させるために、募集文章を考える際に、「あなたがどんなサイトを作りたいか」「あなたがどんな記事を書いて欲しいか」「あなたがどれくらいのクオリティを求めているか」を詳細に記入する必要があります。そのために、以下を意識して募集文章を考えてみましょう。

    このように、自分の希望をまとめておきましょう。他のアフィリエイターさんが出している募集文をチェックしてみるのもいいですね。「自分が求めている内容に近い募集文」が見つかったら、それを参考に募集文を考えましょう。文字単価についても、周りのアフィリエイターの募集文を確認して、相場をチェックすればOK。

    「周りと似たような条件で募集を出しているのに応募が来ない」といったこともあるかもしれません。ただ、その場合は募集内容がダメなのではなく、単に「気付いてもらえていないだけ」の可能性があります。

    ライター側も、全ての募集内容に目をとおすことはできないので、このような場合には、自分からメッセージを送ってアピールしてみましょう。ほかにも、募集タイトルを変更してみるのもおすすめです。このような対策で「まずは気付いてもらう」「募集タイトルをクリックしてもらう」工夫をしていきましょう。

    「予算をあまりかけたくないので、とりあえず1人だけ採用してみよう」と思う方もいるかもしれませんが、これは失敗の原因になりやすい行動です。理由は、最初から運命のパートナーに出会える可能性は限りなく低いです。1人だけ採用すると、力が入りすぎて必要以上に厳しくなりがちです。

    最初のうちは、ライター側も「お試し感覚」ですので、音信不通になりやすい。1人しか採用していないと、その人が辞めたら、また募集からやり直さなければなりませんので、結果として、かなり効率が悪い状況になります2~3人採用すると、発注・記事の検収・修正の指示などかなり忙しくなるので、いい意味で肩の力が抜けますし、比較対象ができることで、ライターそれぞれの個性も見えてきます。

    複数人のライティングを見ることができるので、自分の欠点にも気づくことができるというメリットもありますたとえば、指示したことと違う記事が納品された場合。1人だけがミスしたのだったら、単純にそのライターの勘違いかもしれませんが、3人が同じミスをしたとしたらどうでしょう?

    こんな時は、「自分の指示が分かりづらかったんだな」「伝え方がヘタだったんだな」と、自分の至らなさに気付く、いいきっかけになります。これらのポイントを意識し、相性のいい外注スタッフと巡り合えれば、サイト運営の作業工数はかなり削減されるのではないでしょうか?

    アフィリエイト記事の外注は、意外とかんたんに行うことができます。一人で黙々と運営するだけでなく、外注スタッフのお力を借りてみるのはいかがでしょうか?いままで記事を書くことにかけていた時間を削減し、新しいことに取り掛かることができれば、これまでと違った、新たな収益源を見つけることができるかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

    こんなことも可能です。

    Wechat・Weicbo向けの文章を翻訳します


    tag :

    儲かるアフィリエイトサイトには、ASPの担当者がついています。

    アフィリエイトサイト運営者のなかには、ASPの担当者がついていることがあります。ASPの担当者は、報酬条件の交渉や広告主との施策の条件調整にくわえ、アフィリエイトサイト運営者の身近な疑問を解決したり、体験型商品の提供をするなどさまざまなサポートを行います。

    担当がつくことでどのような変化が生まれるのでしょうか? アフィリエイトサイト運営者にとってのメリットをまとめてみました。

    ◉広告主とのやり取りを、ASP担当者を通して行うことができる
    〇提携審査がある広告主との提携をスムーズに進められるようサポート
    〇広告主の提示している条件を満たしている場合に、クローズド案件をご紹介
    〇特別報酬(報酬アップ)のご相談・施策調整などをご提案

    ◉運営のサポートを行ってくれる
    〇成約につながりやすいキーワードのご紹介
    〇アフィリエイトサイトの運営・改善などのポイントをアドバイス
    〇新規案件をいちはやくご提案

    つまり、いま注力すべきことや、広告主の予算の都合に合わせて特単交渉などを助けてくれます! 主な業務内容としては、コンサルティングになるのです。どのようにしたらASP担当者がつきやすいのかはASPによってさまざまです。コンサルティングを行うアフィリエイトサイトの選定基準を以下のように設けています。

    A:発生報酬金額が一定基準値以上のアフィリエイトサイト
    B:有力なキーワードで記事が上がっているアフィリエイトサイト

    ASPは上記のような新規のWebサイトを常に探しており、見つけ次第お問い合わせを行わせていただいております。ご掲載の案件によっては、条件の調整などが行えず、コンサルティングが必要のないジャンルもございます。そのため必ずしも条件を満たしていれば担当がつくというわけではありませんのでご注意ください。

    しかし、もし「該当しているものがあるはずなのに、連絡をもらえたことがない!」というアフィリエイト運営者は思い切ってASPへお問い合わせを行ってみるのもいいかもしれません。実際に担当付きアフィリエイトサイトになるために、今日からどのような対応を行うべきか、ASP担当者の視点に立ってご紹介していきましょう。

    ASP担当者は先ほどあげた2つの基準から、以下のようににコンサルティングプランを考えます。

    A:発生報酬金額が一定基準値以上のアフィリエイトサイト
    ・自分の力でこんなにも収益を上げるなんてすごい!
    ・バリューコマース アフィリエイトが手を加えることで、さらなる収益が見込めるのではないだろうか!
    ・広告主に相談して報酬アップを検討してもらおう!

    B:有力なキーワードで記事が上がっているアフィリエイトサイト
    ・非常に集客の大きなキーワードで上位表示されているのに、売上に繋がっていない!
    ・広告の掲載位置、表現を変えるだけで、かなりの収益が見込めるだろう
    ・このアフィリエイトサイトに連絡をして、掲載方法の工夫を提案してみよう!
    ⇒収益化に成功したのちは、A同様に報酬アップ提案などを行う

    もちろんパターンはほかにもありますが、おおよそのASP担当者はこのようなプランをイメージします。ここまででも、みなさまが行うべき対応はイメージできるのではないでしょうか?そうです。注目すべきはパターンBのほうなんです。担当者は大きな実績を持つアフィリエイトサイトだから担当になるわけではなく、担当として業務を果たすことでこのアフィリエイトサイトの収益が拡大するであろうと想定できた場合にお声掛けをしています。

    担当者を付けたいアフィリエイトサイトはアフィリエイトにおいて有力なキーワードでSEOの上位表示を狙うコンテンツの作成に注力を行ってみるのはいかがでしょうか?ASP担当がつくことで、よりよい条件下でアフィリエイト運営を行うことができるようになります。

    そのためにも、収益性の高い有力なキーワードで検索上位を目指し、ASP担当に見つけてもらえるコンテンツを作成することが重要です。みなさまも担当付き実績アフィリエイター柱の仲間入りを目指しましょう!



     


    tag :

    クリックされやすいアフィリエイト

    アフィリエイトで収益を上げるためには、記事内に貼ってある広告をクリックしてもらうことで、商品購入へと誘導する必要があります。サイトやブログ記事内に広告を貼ったからといって必ずクリックしてもらえるとは限りません。ただベタベタと貼るだけでは逆効果になります。

    広告プログラム選びも非常に重要です。アフィリエイト広告の収益を上げるためには、サイトやブログ記事の内容・テーマに合った広告を選ぶようにしましょう。もちろん、SEOを強化することで、そのサイトや記事のPV数をあげていくことも大切です。

    クリックされやすいアフィリエイト広告の選び方としては、知名度の高い商品や人気のサービスの広告を貼った方が、クリックされやすい傾向があります。ただし、知名度の高い有名な広告主のアフィリエイト広告は、クリックされやすいだけあって報酬単価は低めに設定される場合が多いため、バランスよく選びましょう。


    テレビや雑誌などのメディアで紹介された商品・サービス、SNSで話題になっている商品のアフィリエイト広告はクリックされやすい傾向があります。特に、メディアで紹介された瞬間や直後のタイミングはインターネットでの検索ボリュームが一気に上がるため、ユーザーの目に留まる機会が増え、収益増加が期待できます。普段からしっかりとSEOを強化し、商品名やサービス名、関連キーワードで上位に上げておくことも大切です。

    クリックされやすいアフィリエイト広告の貼り方としては、広告を貼る位置も重要になってきます。記事を読むユーザーのなかでも、特に検索キーワードからサイトやブログ記事に訪れたユーザーの多くは、「知りたい答え」を持っています。

    例えば、「シャンプーのおすすめ人気ランキング10選」という記事の場合、あなたのサイトやブログ記事に訪れたユーザーが最も知りたい答えは「人気ランキング1位のシャンプーはどれなのか」ということでしょう。

    つまり、アフィリエイト広告の貼り方で最も効果的な位置は、「人気ランキング1位のシャンプーのすぐ下」ということになります。ユーザーが知りたい答えを提供し、その詳細情報や人気の理由、おすすめポイントなどをまとめます。そのすぐ下にアフィリエイト広告を貼ることで、ユーザーをスムーズに誘導できるというわけです。

    アフィリエイト広告の貼り方として、どの位置に広告を貼るかを考える際、まずはアフィリエイト広告を貼る自分のサイトやブログ記事のレイアウトを決めていきましょう。

    レイアウトは一般的に次の画像のとおり「1カラム」「2カラム」「3カラム」の3種類があります。1カラムとは画面の中央のみに記事を配置するレイアウト、2カラムとは、中央の記事(1カラム)+左側又は右側どちらか一方に、メニューやカテゴリー一覧などを配置するレイアウトです。

    3カラムとは、中央の記事(1カラム)+左右両方にメニューやカテゴリー、人気記事のランキングやトピックスを掲載するレイアウトです。PC版では2カラム又は3カラムのレイアウトが多く、スマホやタブレットでは1カラム又は2カラムのレイアウトが多い傾向があります。

    特に1カラムレイアウトにおいて、アフィリエイト広告は記事下に貼ると効果が高いと言われます。「え! アフィリエイト広告ってできるだけ目立つ位置に貼った方がいいんじゃないの? 」と思われた方も少なくないでしょう。もちろん、ユーザーの目に留まりやすいという点において、それは正解です。ですが、それだけ記事の内容に対する興味関心が高いということです。

    記事下(記事の最後)にアフィリエイト広告を貼ることで、サイトやブログ記事の内容そのものに興味を持ち、記事を最後まで読んでくれたユーザーの「もっと読みたい」「もっと情報が知りたい」という欲求をうまく活用することで広告クリックへと促す効果が期待できます。

    もちろん、すべてのユーザーが記事を最後まで読んでくれるとは限りませんが、最後まで読んでくれたユーザーは、それだけ記事の内容に対する興味関心が高いということ。そういったユーザーに対して広告を貼ることで、アフィリエイト広告がクリックされやすくなるのです。

    次に効果的なアフィリエイト広告の位置は記事上、つまり記事の冒頭部分です。記事のタイトル下やリード文の下、最初の見出しの上あたりまでの位置に広告を貼ると効果的と言われています。その理由はいたってシンプルで、記事上は最も広告が目立つ位置だからです。

    ただし、あまりにも大きなサイズの広告を記事上に貼ることや、記事の内容と全く関係がない広告ばかりが毎回記事上に出てきてしまう場合は、その記事を読みたいというユーザーの意欲を半減させ、離脱につながってしまう可能性があるため注意しましょう。

    PCサイトにおいて2カラムや3カラムレイアウトを使用している場合、サイドバーは非常にユーザーの目に留まりやすく、ユーザーが思わずクリックしてしまうといった効果が期待できる位置と言えます。ただし、サイドバーにあまりにも広告を貼り過ぎると、ユーザーがクリックしたままサイトに戻ってこない…といった逆効果につながる可能性もあるため、記事の内容に合った商品やサービスの広告を選ぶことで、しっかりと購入に繋げるようにしましょう。

    また、最近はPCではなくスマホからアクセスするユーザーが8割以上といったサイトやブログも少なくありませんよね。8割以上のユーザーがスマホからアクセスしているようなサイトの場合、サイドバーに貼るアフィリエイト広告は、効果が期待できない可能性もあります。その場合は貼っても貼らなくてもどちらでもよいでしょう。


    まずはバナー広告の貼り方です。Google社がバナー広告において、「高い成果が見込める広告サイズ」として推奨するバナーサイズは次のとおりです。

    ・300×250 「レクタングル広告(中)」記事中や記事下に貼ると効果的
    ・336×280 「レクタングル広告(大)」記事中や記事下に貼ると効果的
    ・728×90  「ビッグバナー」記事上に貼ると効果的
    ・300×600 「ハーフページ」大きなサイズで視覚的なイメージ効果が高い
    ・320×100 「モバイルバナー(大)」記事中や記事下に貼ると効果的
    アフィリエイト広告において、バナー広告と合わせて使用するテキストリンクの貼り方はとても重要です。Google社もバナー広告(イメージ広告)と合わせてテキストリンクを使用することで高い成果が見込めると推奨しています。

    いかにも広告…といったイメージのバナー広告に比べて、テキストリンクはユーザーに受け入れられやすい傾向があります。特に「記事内(文章中)にテキストリンクを埋め込む」「記事下にテキストリンクを貼る」「バナー広告とテキストリンクを組み合わせて使用する」という使い方が効果的です。

     

    ネットショップに高品質のWebトラフィックをおこすSEO

    ホームページのアクセス数を増やして集客につなげる

    ネットショップ・ECサイトのアクセス数を上げるお手伝いをします。



    Traffic 5000円 1か月間ホームページのアクセス数を増やすスキルサービス

     

     


    tag :

    SEO対策に強い記事の書き方|記事設計から公開までの手順

    アフィリエイトで成果をあげるには、ユーザーにサイトを訪問してもらうことが不可欠です。訪問してもらう方法としては、「検索エンジンで上位表示させる」「SNSで発信する」「リスティング広告をだす」などがあります。ここでは、検索エンジンで上位表示させるための「SEO(※)を意識した記事の書き方」について、9項目でご説明いたします。

    「記事タイトル(title)」を設定

    検索エンジンで上位表示させるための記事を作成するには、Googleから評価されやすい「記事タイトル(title)」を設定する必要があります。「記事タイトル(title)」は、ユーザーが最初にサイトを訪問するか否かを判断する要素にもなるのでとても重要です。「記事タイトル(title)」を設定する際には、以下を実践しましょう。

    (1)各ページに固有のタイトルをつける
    サイトのページごとに固有のタイトルをつけることで、ページごとの違いを Google が認識しやすくします。

    (2)検索結果で表示される適切な文字数にする
    長すぎると、検索結果上で後半が省略され「…」と表示されてしまいます。ユーザーにとって役に立たない極端に長いタイトルは避けましょう。

    (3)簡潔でわかりやすいタイトルにする
    Googleは、ユーザーが読んだ際にわかりやすいものを評価する傾向にあります。盛り込むキーワードも簡潔でわかりやすいものにしましょう

    ディスクリプション(description)を設定

    「ディスクリプション(description)」とは、記事の内容を簡潔に表す文章のことです。記事内には表示されず、Google・Yahoo!など検索エンジンの検索結果画面に表示されます。

    「ディスクリプション(description)」は、Googleクローラーがどんな記事、サイトなのかを判断する際の指標1つにも使われています。「ディスクリプション(description)」は、該当ページの内容がわかるように設定するのが効果的です。

    見出しタグを設定

    「見出しタグ」とは、「h1」「h2」「h3」などです。これは本でいうと、目次に記載される大見出しや小見出しにあたります。「見出しタグ」はh1から順番に、キーワードの重要度を示しています。重要なキーワードはh1で書くようにしましょう。

    URLをパーマリンクで設定

    WordPressを使用している場合、「URL」をパーマリンクで設定できます。パーマリンクとは、記事ごとに設定される個別のURLのことです。「URL」をパーマリンクで設定する際には、以下を意識しましょう。

    (1)短くシンプルにする
    (2)URLを見ただけで、記事の内容を想像できるものにする
    (3)サイトの構造を考え、解析がしやすいものにする

    パーマリンクにキーワードを入れることも、SEOに有効かつ後々解析する際に役立ちます。たとえば、旅行に関する記事を書く場合には、カテゴリー名に「/travel/」を入れます。

    本文をセット

    「本文」をセットする際には、以下をおさえるのが重要です。

    ■記事の内容
    見出しと一致した内容のコンテンツであること

    ■記事の書き方
    目次や画像があるなど、ユーザーがわかりやすい工夫がされていること

    必要に応じて、以下を実践してみましょう。

    (1)見出しタグや強調タグを使う(重要なキーワード)
    (2)画像はaltタグに関連したテキストを書き、ファイルは英字で保存
    (3)外部リンクは「rel=”nofollow”」を使い、別タブを開く
    (4)内部リンクはアンカーテキストを使う

    たとえば、「ここをクリック」というHTMLがある場合、「ここをクリック」という部分がアンカーテキストです。リンク先のURLをページに直接貼り付けず、上位表示させたいキーワードをアンカーテキストとして選びましょう。

    シェアのしやすさを意識

    Twitter、Facebook、はてブなどで多くシェアされることは、SEOに対してもポジティブな影響をもたらします。「シェアのしやすさ」を意識し、SNSボタンを設置するのも有効です。WordPressを使用している場合、TwitterやFacebookなどのOGP設定をしましょう。OGPは「OpenGraph Protocol」の略です。

    シェア数を伸ばすためには重要な設定となるため、しっかりと設定しておきましょう。ちなみに、Twitterはツイートそのものが被リンクになるのではなく、ツイッターのまとめサイトが被リンクを発生させているため、SEOに有効とされています。


    表示速度を意識

    サイトの「表示速度」は速いほうがいいにこしたことはありません。遅いと、表示される前にユーザーが離脱してしまうからです。「表示速度」は、Googleアナリティクスで確認ができます。「表示速度」を改善するためには、以下方法が有効的です。

    (1)必要のないファイルを減らし、HTTPリクエストの回数を減らす
    (2)ブラウザキャッシュを使用可能にする
    (3)画像を最適化する(使用枚数の削減、サイズの縮小、画像の圧縮など)

    またWordPressを使用している場合、プラグインを入れすぎると、「表示速度」を遅くするだけじゃなく、他のプラグインとの摩擦も生じる可能性がありますので注意しましょう。

    サイトマップ(sitemap.xml)を設定

    「サイトマップ(sitemap.xml)」とは、サイト内にあるページ構成を一目でわかるようにした目次のような案内のことです。サイトマップはSEO対策に欠かせない存在です。ここでいうサイトマップは2つの意味があります。

    (1)サイト内のサイトマップ表示
    Googleクローラーがサイトの内容を把握できるようにします。

    (2)Search Consoleにあるサイトマップ送信機能
    サイトマップを積極的に送信することでクローラーを呼びこみます。Search Consoleへの登録とサイトマップ送信のためのプラグインが必要です。サイトマップの設定方法は、検索エンジンで、「サイトマップ 作成」「サイトマップ 設定」などのワードで探すことができます。

    レスポンシブ対応

    Googleによる「PCサイトではなくスマホサイト(モバイルサイト)をページ評価の基準とする施策」である、モバイルファーストインデックスが注目されています。「PCサイトにあるページが、スマホサイトでみるとない…」ということはありませんか? もしそうだったら、「レスポンシブ対応」をして、スマホサイトでも最適な表示がされるようにしましょう。「レスポンシブ対応」はSEOにとっても不可欠なので、まだ対策していない方はいますぐ対応することをおすすします。


    ※「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジン最適化を意味します。SEO対策とは、Google・Yahoo!などの検索結果に上位表示させるための施策のことです。

    ネットショップに高品質のWebトラフィックをおこすSEO

    ホームページのアクセス数を増やして集客につなげる

    ネットショップ・ECサイトのアクセス数を上げるお手伝いをします。



    Traffic 5000円 1か月間ホームページのアクセス数を増やすスキルサービス


    tag :

    Google検索品質評価ガイドラインについて

    Google検索品質評価ガイドラインとはGoogleが公式に公表している、Webサイトの品質の評価基準を説明したものです。品質評価ガイドラインには、Googleが自身の検索エンジンの品質を評価するために用いられており、どういったWebサイトを評価しているのかがくわしく書かれているので、SEO対策を考えている方にとっては重要な資料です。

    150ページ以上からなるこのガイドラインは英語で記載されているため、英語に精通していないと理解することは容易ではありません。また、1年に1回ほど更新(不定期)されるため、都度Googleの動向を追うことが必要になってきます。

    そのガイドラインにおいて、主に書かれている内容としては、ページの品質を評価するEATとYMYLが挙げられます。EATとはExpertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の頭文字を取って略した造語です。

    「EAT」記事の専門性/権威性/信頼性を評価する

    Expertise(専門性)とは、専門性を持った人によって書かれているかを評価します。その対象はさまざまで、例えば料理に特化した記事を掲載し続けているのであれば、そのWebサイトは料理に特化した専門的なWebサイトであると評価を受けます。

    Authoritativeness(権威性)とは、その分野において権威があると認められるかを評価します。料理の記事で例えると「調理師免許を持った○○さん、監修」といった記述がされている、されていないとでは、権威性の評価が左右されます。

    Trustworthiness(信頼性)とは、そのサイトの情報が信頼できるかどうかを評価します。例えば、個人が作成したWebサイトよりも、国や地方自治体といった行政機関が作成したサイトの方が、信頼性は高く評価されます。

    「YMYL」命やお金に関わる記事内容の基準とされる

    一方で、YMYLとは”Your Money or Your Life”の略語で人の命に関わる内容やお金についてなど、人生に大きな影響を与える可能性が高いページは特に厳しい基準で評価をするといったものです。特に医療健康に関する内容は近年、変動が見られており、今後大きなアップデートによる変更が考えられます。

    基本的にSEO対策は効果が現れるまで時間がかかる施策といえます。効果が出る時期はサイトによってさまざまで、サイト自体の強さや運用期間、キーワードの競合性などいろいろな要素によって変わってきます。そのため、時期を断定することが難しく、長期戦になると念頭においてから始めてください。

    中長期的対策が必要な「ビックキーワード」

    ビックキーワードを狙った場合、効果が現れる時期が遅くなります。ビックキーワードとは「旅行」や「転職」といった1単語のキーワードで、検索回数が多いものを指します。ビッグキーワードは、上位表示を目指す競合が多いため、上位表示に結びつかないケースが考えられます。そのため効果が出るのも遅くなってしまいます。

    短期間で効果が期待される「ミドル・ロングテールワード」

    逆に、短期間で効果が出やすいのが、競合があまり狙っていない人気のあまりないキーワードです。一見すると、対策しても何も効果が出ないように感じてしまいますが、「旅行 夫婦 新幹線」「転職 教員 体育」など、より具体的なキーワードになってくるので、コンバージョン率が高いキーワードが多いといえます。

    また、こういったミドル・ロングテールワードで上位表示を実現していくなかで、軸となるビックキーワードでの上位表示も評価されやすくなります。そのため、キーワードや競合性の優劣なども考慮し、どれくらいの期間が必要なのかを考えて、施策を行うことが重要です。

    SEO対策は検索順位で上位表示を実現できてしまえば、長期的に安定した集客が見込めます。SEO対策は長期戦ですので地道な努力が必要です。この記事に書いてある基礎の部分をしっかりとおさえておけば、必ずやあなたのビジネスを助けてくれるでしょう。


    【参考】検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド(外部リンク)


    tag :

     X 閉じる
    MORK