Mcommerce SEO: The Definitive Guide

自分の商品を宣伝・販売するネットビジネスサイト

 

ギグワーク

  • ギグワーク
  • コロナ禍で増えるモバイルワーカー

    組織に縛られず、インターネットを通じて単発の仕事を請け負う「ギグ・エコノミー」がコロナ禍で拡大している。学生の隙間時間を販売することができ、好きな場所や時間、職種を自分で決めてすぐに出品、販売した後にお金がもらえる点がサービスのウリだ。

    コロナ禍で店舗が中心だった中小事業者も自前のECサイトを作り、販売を始めている。EC構築が増えれば、次はサーチエンジン最適化(SEO)やメンテナンスなどの運営業務が増えると予想される。プラットフォーマーとして仕事の流通状況を示し、働き手に次の変化への備えを促している。

    外食や宿泊業から人材が流出し、料理の配達や電子商取引(EC)の物流倉庫などが受け皿になった。コロナ禍を機にデザインやプログラミングを学ぶ人もいる。この労働移動を支えたものの一つがギグワークの仲介プラットフォームだ。人材が流入し、量にも増して質が重要になっている。

    ギグワーカーは学歴や経歴で不利な人も多く、個人が信用を築くことは簡単ではない。働きぶりの評価で、働き手に信用力をもたせる仕組みを作りため、まじめに働いたという評判をデジタルに可視化する。この信用スコアが保険や融資の利率に反映されれば、キャリア以上の武器になる。

    プラットフォーマーならではの取り組みだ。まだまだ模索中だが、プラットフォーマーの働き手への投資は始まった。混沌とした労働市場で戦う個人を支えられるか注目される。



    tag :

    ギグワークという新しい働き方

    政府が副業や投資を進め、働き方改革がどんどん進んでいる昨今ですが、さらに新たな「働き方」が提唱されています。それが、ギグワーク(gigwork)というものです。さて、ではそもそもギグワークとは何なのでしょうか?

    もともと「ギグ」とは、英語で「単発」や「細切れ」などという意味を持っています。長期の雇用や、長い案件にコミットしていくというよりは、自分の空いている時間を利用できる単発の仕事を請け負うというものです。ギグワークとはこうした隙間時間を再活用する働き方であり、ギグエコノミーとは、その経済活動全体のことを指します。

    また、そこで働く人々のことを、ギグワーカーと呼ぶのです。「フリーランスとギグワーカーって似てない?」そんな言葉が聞こえてきそうですが、実はちょっと違います。フリーランスは、案件単位で仕事を請け負うことが多いかと思います。

    例えば、フリーランスエンジニアは、一つのプログラムを完成させるという契約をクライアントと結び、それにコミットします。ですが、ギグワーカーは、本業や自由時間の中で、空いた時間を埋める形で仕事を選択し、請け負うので、より自由度が高く、自分の時間にフィットした仕事を選ぶことができるというわけです。

    自由業、フリーランサー、ギグワーカーと、細分化する働き方ですが、ではどんな人がギグワーカーに向いているのでしょうか? 最も分かりやすいのは、大学生など、学業をメインとしつつ、自由な時間で働きたいという層ですよね。

    また、短時間という意味では、子育てにいそしんでいるお母さん、主婦の方、家族の介護などで家をあまり開けられない方。また、体が弱くて長時間労働がそもそもできない方なども向いていると考えられます。さらに言えば、基本給与があって「もう少しだけ収入をアップさせたいなぁ」と考えている方にも向いているかと思います。

    主婦の方、大学生の方など、時間が散発的にある方はもちろん、サラリーマンの方や、自分のビジネスをやってみたいが、商品や商材を持っていないという方にもおすすめの働き方かと思います。また、新しいビジネスの潮流を体感しておくことも、ビジネスや社会を読む力を向上させる大きなポイントになると思います。


     

     


    tag :

     X 閉じる
    MORK