Mcommerce SEO: The Definitive Guide

自分の商品を宣伝・販売するネットビジネスサイト

 

ECサイト運営マニュアル

ネットショップ運営に必要な業務

個人や小規模事業者の方へ。自社ECサイト開業後の更新頻度や売上をアップさせる効率的な運営の流れや注意点について解説させて頂きます。ネットショップのトップが「ホーム」と呼ばれているように、ECサイトを運営する仕事は自分の家に客人を招き、もてなすこととよく似ています。

いざ開店してみると、小規模なネットショップ運営者は日々のルーチン業務などに追われがちで、大切にすべき「おもてなしの気持ち=お客様の目線で考えること」がおろそかになり、「すごく忙しいのに売上が上がらない」という悪循環に陥ってしまうことがしばしばあります。

そうならないためにも、ECサイト運営に必要な業務を一旦整理して、効率良くすすめる方法について考えてみましょう。ネットショップの運営に必要な業務を具体的に書き出すと、主に次のような項目があります。

ネットショップ運営に必要な業務一般
  1. 商品マスター管理、撮影、文章作成
  2. サイトデザイン、機能カスタマイズ
  3. 受注管理、入金確認・顧客対応
  4. 在庫管理、検品、発送
  5. 売上管理、発注管理
  6. 顧客管理
  7. アクセス解析
  8. 集客、販促プロモーション
  9. ブログ更新、SNS
  10. 経理、帳簿作成

このなかには、
「A:パターン化すれば委託できる仕事と、「B:サイトの未来を決定する仕事があります。

たとえば、(4)の在庫管理、検品、発送の大半はAタイプの仕事ですが、「出荷時に添えるサンクスカードにどんなメッセージを書けばリピート購入につながるのか?」と考えることはBタイプの仕事となります。どちらも大事な仕事ですが、Aタイプの仕事は分業化や外部委託により効率化を図って、その代わりにBの仕事に時間をさけるように工夫したほうが良いでしょう。

tag :

コメントの投稿

秘密

   
 X 閉じる
MORK