Mcommerce SEO: The Definitive Guide

自分の商品を宣伝・販売するネットビジネスサイト

 

ネットショップ開業直後に注力すべきポイント

急激に売上が伸びたときは、それまでに確立した運用体制の真価が問われます。受注が増えるほど担当者の手が回らなくなるような業務があれば、仕組みそのものを見直し、外注に切り替えるなどの方法で作業効率を改善する必要があるでしょう。

ネットショップが成長するに従って、顧客データやアクセス解析用データが増えて管理や分析が複雑になることがあります。大手企業であれば、ネット通販に効果的なITサービスを導入して、デジタルを駆使した顧客管理やアクセス解析を行うことで業務を最適化できます。

個人や小規模事業者の場合は、やることを絞りましょう。主に、新規顧客・リピート顧客の数を把握して、それぞれに適したマーケティングを行うことや、顧客が流入・離脱した主要なページを把握して、コンテンツ内容の改善を心がけるのがおすすめです。

若年層の顧客がメインターゲットの場合は、SNSやYouTube等を活用したインフルエンサーマーケティング施策を試す価値もあるでしょう。ネットショップ開業直後に注力すべきポイントは、オペレーションの確立です。最初の1、2ヶ月で、物流・受発注・顧客管理などの運用体制をしっかり整えましょう。

集客面では、開業後は早めに販促に取り組んで実績を作り、3ヶ月目あたりからきちんとしたアクセス解析が始められるようにすることも大切です。

開業して半年が経過した頃に注力すべき仕事は、上半期の課題診断を行うことです。それをもとに、下半期の業務を改善しながら実行し、1年後にはまた下半期と一年間の振り返りを行い、資金調達の計画なども見直しましょう。

半年間という期間は、小人数ネットショップ運営者からのヒアリング結果などから導いた一つの目安です。規模の大きい企業でしたら、3ヶ月単位などもっと短いスパンで試行錯誤を繰り返してネットショップの運営改善に取り組むことも可能でしょう。

ネットショップ・ECサイトの運営状況に応じて、開業準備の遅れや、開業後の売上の伸び悩み、事業が急成長したときに業務が追いつかなくなることなどがあります。よくある課題に対処する方法についてもチェックしておきましょう。

新しいネットショップが検索にヒットして認知されるようになるまで、少なくとも3ヶ月はかかると思っておいたほうがよいでしょう。もしも3ヶ月目あたりでまだアクセス数が増えないようであれば、SEM対策やコンテンツの内容を見直したり、SNSなど(InstagramやTwitter、LINE@など)の集客につながる窓口を増やしたり、Web広告を出すなどの集客方法を検討してみたほうが良いでしょう。

一方、アクセス数は伸びているのに売上が上がらない場合は、サイト内にコンバージョンを妨げる要因を見つけるために、再度ユーザーテストを行うのがおすすめです。その際は、ユーザーの斜め後ろに座り、閲覧行動が終わるまで何も口を挟まずにじっくり観察すると、たくさんの改善ヒントが発見できると思います。

tag :

コメントの投稿

秘密

   
 X 閉じる
MORK