Mcommerce SEO: The Definitive Guide

自分の商品を宣伝・販売するネットビジネスサイト

 

コロナ禍で増えるモバイルワーカー

組織に縛られず、インターネットを通じて単発の仕事を請け負う「ギグ・エコノミー」がコロナ禍で拡大している。学生の隙間時間を販売することができ、好きな場所や時間、職種を自分で決めてすぐに出品、販売した後にお金がもらえる点がサービスのウリだ。

コロナ禍で店舗が中心だった中小事業者も自前のECサイトを作り、販売を始めている。EC構築が増えれば、次はサーチエンジン最適化(SEO)やメンテナンスなどの運営業務が増えると予想される。プラットフォーマーとして仕事の流通状況を示し、働き手に次の変化への備えを促している。

外食や宿泊業から人材が流出し、料理の配達や電子商取引(EC)の物流倉庫などが受け皿になった。コロナ禍を機にデザインやプログラミングを学ぶ人もいる。この労働移動を支えたものの一つがギグワークの仲介プラットフォームだ。人材が流入し、量にも増して質が重要になっている。

ギグワーカーは学歴や経歴で不利な人も多く、個人が信用を築くことは簡単ではない。働きぶりの評価で、働き手に信用力をもたせる仕組みを作りため、まじめに働いたという評判をデジタルに可視化する。この信用スコアが保険や融資の利率に反映されれば、キャリア以上の武器になる。

プラットフォーマーならではの取り組みだ。まだまだ模索中だが、プラットフォーマーの働き手への投資は始まった。混沌とした労働市場で戦う個人を支えられるか注目される。


tag :

コメントの投稿

秘密

   
 X 閉じる
MORK