Mcommerce SEO: The Definitive Guide

自分の商品を宣伝・販売するネットビジネスサイト

 

さらなる収益拡大のための方法

定期的に報酬が発生するようになり、さらなる収益拡大に向けて運用を強化したい上級アフィリエイターのみなさまに向けて、「アフィリエイト運用 さらなる収益拡大のための方法まとめ」をお届けします。

特別報酬でサイト収益アップ

特別報酬について、みなさんご存じでしょうか? アフィリエイターからは特単とも言われています。「特別報酬をもらう」ということは、かんたんに言えば「通常のアフィリエイト報酬より"高い報酬額"が、広告主から適用されること」です。

いま1,000円の報酬金額で取り組みを行っている商材が、特別報酬2,000円で掲載することができれば、該当の広告主による報酬金額は2倍になりますよね。もちろん、特別報酬を得るには、広告主によって設定されているさまざまな水準を達成することが必要です。特別報酬を得るための方法としては、主に以下の3パターンがあります。

パターン1 ASPから声がかかるのを待つ
パターン2 セミナーやキャンペーンの参加で適用してもらう
パターン3 自分でお問い合わせを行う

パターン1 ASPから声がかかるのを待つ

一つ目は、ASPから声がかかるパターンです。日ごろから多くの注文を生み出していたり、特定キーワードで上位表示されたりしている場合に、ASP担当者から声がかかることがあります。

パターン2 セミナーやキャンペーンの参加で適用してもらう

二つ目のパターンは、セミナーやキャンペーンなどに参加することで受けられる特別報酬です。セミナー特典としての一定期間、特別報酬を適用している広告主は少なくありません。その一定期間内でさらなるご活躍をされたアフィリエイトサイト運営者さまなどは、個別に声がかかり特別報酬が継続されることがあります。

パターン3 自分でお問い合わせを行う

そして、三つ目は、アフィリエイトサイト運営者さま自身が自分で問い合わせを行うというパターンです。もちろん、案件によっては特別報酬の適用を行っておらず、対応できない場合もございますが、それでも多くの案件で特別報酬の付与は行っています。

「早速連絡しよう!」そうお考えのみなさま! もう少し待ってください。次に自身でお問い合わせを行う際に記載すべき内容のポイントを説明します。こちらの内容を意識するだけで、ASPの動き方が変わりますので、ぜひ活用してみてください。

特別報酬の交渉について、重要なポイントをご紹介

交渉の際のお問い合わせ内容について

まずはお問い合わせを行う際の、記入項目について、以下の参考例をご確認ください。それぞれ重要なポイントについて解説を行います。

おおよそのお問い合わせ内容は把握できましたでしょうか? 

実績について

ここは単月の注文件数で連絡をされる方は多いですが、直近3ヵ月分ほどを連携したほうが実はおすすめです。3ヵ月前の発生注文は0件でも翌月10件、その翌月20件など、右肩上がりの実績などは広告主の注意を惹きます。

直近のGoogleアルゴリズムの変更により、SEOで安定しないなど外部要因で実績が不安定に見える昨今ですので、直近3ヵ月分の実績をご連携いただくことで、ASP担当者は広告主への交渉を行いやすくなります。

.強化施策案について

「え? こんなことまで考えるの?」そう思った方もいらっしゃるかと思います。この項目は必須ではありません。ですが、特別報酬を適用するということは「広告主としては、より多くの広告費用をかけ広告を打つ」ということなので、(内容にもよりますが)あれば特別報酬はもらいやすくなります。

「ここのところ貢献度が高いので、ご褒美として特別報酬をあげます!」と考える広告主は少なく(※)、「このアフィリエイトサイトに広告費用を2倍かけることで、獲得件数も2倍になるのであれば、特別報酬として報酬金額を2倍にします!」と考え特別報酬を付与する傾向にあります。
※一部テーブル制での報酬適用を行っている広告主がいらっしゃいます。

そのため特別報酬をもらうためには、何かしらの広告主へのメリットとなる「強化施策」が必要になります。SEOの順位という外部要因だけでは広告主にとっては「低コストで運よく広告運用ができている状態」に当たってしまうのです。

上記で上げた理由により、いち早く特別報酬を得たい場合には、強化施策の内容と、その施策における効果の数字を正確に伝えることで、特別報酬の適用をスムーズに交渉に進めることができるのです。

特別報酬の交渉タイミングとは?

次に、「どのくらいの実績になったら特別報酬の交渉が行えるの?」という疑問にお答えいたします。 結論、特別報酬を適用する基準は広告主それぞれです。なおかつシーズナリティや広告主側の予算都合なども関係し、一定の基準はありません。

そのため、お問い合わせ内容で上げた例のように、月20件以上の獲得が2~3ヵ月続きかつ、右肩上がり、強化できる余地があると感じたタイミングでまずは確認してみることが重要です。

広告主によっては、月100件以上の獲得がない場合、特別報酬は与えられないという広告主もいますが、ぜひ上記でお伝えした交渉のポイントを実践してみてください。

獲得件数が月20件前後に成長し、2~3ヵ月実績が安定し始めたら、ぜひとも一度お問い合わせください。強化施策のご提案をいただけることで広告主への交渉がスムーズに進めることが可能だといえるでしょう。


 

tag :

コメントの投稿

秘密

   
 X 閉じる
MORK