Mcommerce SEO: The Definitive Guide

自分の商品を宣伝・販売するネットビジネスサイト

 

ユーチューバーもアフィリエイトと同じ

アフィリエイトを始めてみたい!と考えているビジネス初心者の方はアフィリエイトにも色々な種類があって、どのアフィリエイトから始めればいいのか分からない…と悩んでしまっている方も多いと思います。年々、アフィリエイト市場は拡大し続けており、昔に比べれば色々な種類のアフィリエイトが登場してきています。

今回はアフィリエイトの中でも代表的な「サイトアフィリエイト」と、最近ユーチューバーが人気になるにつれて話題になってきている「YouTubeアフィリエイト(YouTubeアドセンス)」について、それぞれの違いやメリット・デメリットをインターネットビジネス初心者の方にもわかりやすくお伝えしていきます。

サイトアフィリエイトとYouTubeアフィリエイト(YouTubeアドセンス)の違いはどこにある?

「アフィリエイト」と聞くと、多くの方が想像するのは自分のブログやウェブサイトにアフィリエイト広告を貼って収益を得るビジネスモデルです。例えば、貴方が趣味で筋トレに関するブログを運営していたとして、ブログ記事の中で「プロテインの選び方」に関する記事に多くのアクセスが集まっていたとします。

「プロテインの選び方」に関する記事を見ているユーザーは「適切なプロテインを使って筋肉をさらに増やしたい」、「筋トレにはプロテインが必要なのか知りたい」といったニーズを持っていると考えられます。この場合、品質が良いお勧めのプロテインのアフィリエイト広告と提携して、自分のブログにそのプロテインの広告を貼ることで、商品が売れる可能性が出てきます。これが多くの方が想像するアフィリエイトだと思います。

つまり、通常のサイトアフィリエイトの場合は「どういったサイトやブログを作っていくのか」を考えるだけでなく、「適切な広告を選択し、かつ、どうすればその広告経由でアフィリエイトしている商品を購入してもらえるか」まで考える必要があるのです。集客だけでなく、商品選定やセールスまで必要になるということです。

一方、YouTubeアフィリエイト(YouTubeアドセンス)はもっとシンプルなビジネスです。YouTubeアフィリエイトの場合、Googleが提供している「Googleアドセンス」という広告掲載システムを活用することで広告報酬を得る形になります。

先ほどと同じ例えで考えてみると、貴方がYouTube上で筋トレに関する情報やレビューを投稿しているYouTubeチャンネルを運営していたとします。YouTubeの場合は動画が再生されたときに表示される広告が視聴されることによって、チャンネル運営者に広告報酬が入る仕組みです。

ただ、先ほどのサイトアフィリエイトと違うのは、YouTubeの場合は「どの商品・サービスを売るかを一切考えなくて良い」という点です「Googleアドセンス」という仕組みを使うと、貴方が運営しているチャンネルの動画を見たユーザーに適した広告が自動で配信されるようになります。

貴方が投稿した同じ動画を見たAさんとBさんでは、表示される広告が異なっている仕組みです。例えば、Aさんにはスポーツジムの広告が表示され、Bさんにはプロテインの広告が表示されるといった形です。この辺の裏側の仕組みについて解説を行うと長くなってしまうので割愛しますが、YouTubeの場合、視聴者の興味関心によって表示される広告が異なるとだけ覚えておけば良いでしょう。

つまり、YouTube経由でアフィリエイト報酬を受け取ろうと考えた場合には「自分のブログやウェブサイトにどの広告が適しているか」といった事を考える必要が一切なく、単純に「より多くの人を集める(=より多くの視聴回数を集める)」ことだけに集中すれば良いのです。

そういった観点から言えば、やるべき事、集中すべき事が少なく、シンプルなビジネスモデルになっているYouTubeアフィリエイト(YouTubeアドセンス)のほうがインターネットビジネス初心者の方にとってはお勧めのビジネスだと言えます。
完全放置でも稼げるようになる可能性がある
なお、自分の動画に自分の販売する商品をつなげたいときがあると思います。その時はCtoCオンラインをご利用ください。自分の商品を無料で掲載することが可能です。自分の動画や販売写真にリンクをつなげておけばそこで自分の商品を販売することが可能です。

		  
		   

tag :

コメントの投稿

秘密

   
 X 閉じる
MORK